人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.26

夏の家族旅行におすすめのバイキングプランが人気の宿BEST10

時代は1957年。帝国ホテルの社長であった犬丸徹三氏は、旅行先のデンマークで「スモーガスボード」と呼ばれる、いわゆる〝食べ放題〟と出会う。その〝好きなものを好きなだけ食べる〟という食事スタイルに注目した犬丸氏は、さっそく新館レストランへの導入を決意。社内公募でレストラン名が「バイキング」となっため、以後この定額食べ放題のスタイルが「バイキング」と呼ばれるようになったという。

旅行予約サービス「楽天トラベル」は、そんなバイキングのなかでもファミリーを対象とした「ファミリーにバイキングプランが人気の宿ランキング」を発表。これは「バイキング」「ビュッフェ」「ブッフェ」のキーワードを含む宿泊プランを販売している宿のうち、宿泊客による食事評価が高い宿を対象に、子ども連れ利用の宿泊人泊数が多い順にランク付けしたものだ。

1位「別府温泉 杉乃井ホテル」

大型水槽のあるレストラン「シーダパレス」の店内(写真左)。レストラン「シーズテラス」では噴水ショーを行う(写真右)。

1位となった大分県の「別府温泉 杉乃井ホテル」には、3か所の異なる特徴を持つバイキングレストランがあり、宿泊客の目の前で作りたての料理を提供している。なかでもレストラン「シーダパレス」では本格的な中華料理や、石窯で焼くピザ、フカヒレラーメンなど高級食材を使った料理を提供。また、全てのレストランでは音楽の生演奏といったエンターテイメントを行っており、レストラン「シーズテラス」では噴水と照明と音楽を組み合わせた幻想的な「噴水ショー」を楽しめる。レストラン内のキッズコーナーには離乳食、キッズチェアも用意され、子ども連れで食事がしやすい環境が整っている。宿泊客からは、「バイキング会場がとてもきれいでお食事もおいしく、子ども向けに綿あめやチョコレートフォンデュが準備してあり、とても喜んでいました」との感想が寄せられた。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ