人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.26

なぜ人は肉汁たっぷりの料理を我慢できないのか?

■脂肪に食欲を感じるほうが進化人類学的に有利

 どうやら我々には高脂肪の食べ物をいち早く発見する能力があるようだが、最近の研究では我々は遺伝子レベルで脂肪が好きであることが指摘されている。

 味覚には甘味、旨味、塩味、酸味、苦味の5つに分類されているのだが、そこに加わる“第6の味覚”として有力視されているのが、肉の脂身などの美味しさをあらわす「脂味」である。そして脂に美味しさを感じてしまう生理学的メカニズムがあるという。

 昨年にイギリスで発表された研究では、多くの人々に高脂肪食品を好む基本的な傾向が進化人類学的に備わっているということである。脂肪は同じ量でもタンパク質と炭水化物の2倍のカロリーがあり、サバイバルのためには脂肪に食欲を感じるほうが有利であるからだ。


Live Science」より

「周囲に食べ物があまりないときは、必要なときに保存して活用できるエネルギーが必要です。体内に限られた範囲でしか貯蔵することのできない糖分(炭水化物)の代わりにより多くの脂肪を食べることは、飢餓に対処するとても有効な方法になります」と英・ケンブリッジ大学の医学研究員であるサダフ・ファローキー氏は語る。

 人間の細胞に存在する4型メラノコルチン受容体(MC4R)は食欲の調整を担っていると考えられるのだが、研究では実験を行ないこの4型メラノコルチン受容体に損傷のある人は高脂肪食品を好んで大量に食べることが明らかになっている。

 しかしながらその食欲は砂糖には向かわずにあくまでも脂肪に向かうため、人間はもし食欲をコントロールしなくてよい状況下であれば、脂っこい食べ物を求める基本的な特性があることが示唆されるのである。ハンバーガーやステーキ、チーズたっぷりのピザなどについつい目が奪われるのも、やはりある程度は仕方のないことだと言えそうだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年5月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチUSB付きIDホルダー」! 特集は「本当に売れているモノランキング」「勝負時計BEST 50」etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。