人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.26

SNS中毒の人は要注意!他人と自分を比べてはいけない深い理由

 社会生活を送る限り、周囲の人物と自分の共通点や違いに気づかされることは日常茶飯事だ。自分と同じように見える人物の意外な側面を知って驚いたり、逆に自分には遠い存在と思っていた人物に意外な共通点があることもある。他者についての分析は、時には新鮮な驚きをもたらしてくれるのだが、あまり自分と比較してはいけないようである。

■他人と自分を比べてはいけない4つの理由

 SNSの普及によって他者の生活を垣間見る機会は確実に増えていると言える。そこでついつい、一見自分と似たような境遇に思えるユーザーと自分を比較してしまったりもするのだが、他者と自分の比較は厳に戒めるものであると指摘するメンタルヘルス専門家の声は多い。ライフスタイル情報オンラインジャーナルの「Your Tango」の記事でビジネスコーチのエレン・ニーラン氏は、他人と自分を比較してはいけない理由を4つ挙げている。

1. 全体像が見えていないから

 身近な人物が高級車を購入したり高級ブランドを身につけていたりすれば羨望や嫉妬を覚えることもあるだろう。また一年中世界各地を飛び回っているセレブは、いったいどんな豪華で素晴らしい暮らしを送っているのかと、叶わぬ夢としてあこがれる向きもある。

 しかしどちらにしても、そうしたことはその人物のほんの一部の側面をあらわしたものであり、外からは伺い知れない事情もある。何らかの有利な事情で高級車が手に入る場合もあるだろうし、国際的セレブは実は静かな隠居生活を望んでいるかもしれない。その人物の人生と暮らしぶりの全体像が見えていない以上、自分と比較しても意味はないのである。


Your Tango」より

2. メディアが提供する“普通”に毒されているから

 マイカーの購入から結婚、マイホーム購入という人生を左右する事柄に関することから、ファッションや保つべき体型まで、メディアが提供しているあらゆる“普通”はもはやリアリティがないことに気づくべきである。そうした“普通”の生活と今の自分の生活を比べても仕方がない。

3. 将来の失敗を織り込んでしまうから

 周囲の人々の多くは自分の最も輝く部分を見せているのであり、実態の全体像はなかなか見えない。表面的で非現実的な“普通”を当たり前のものと見すことは、わざわざ自分で将来失敗するようにプログラムしていることと同じであり、百害あって一利もない。

4. 人生に対してネガティブになるから

 他人と自分を比較して劣等感を抱き続けていると、生きる活力が低下して人生の上で冒険ができなくなり、最悪の場合はうつに繋がるものにもなる。他人と比較して優越感や劣等感を味わうのではなく、自分の人生を自分だけの“オンリーワン”な体験として納得のいくものにしたい。

 しかし比較していい人物は1人だけいる。それは“過去の自分”である。ニーラン氏によれば、過去の自分こそが比較してよい唯一の人物であり、自分の成長に役立つ比較になるということだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ