人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

文系ビジネスパーソンも押さえておきたいAI研究の最前線

2017.06.23

Topic1/Amazon vs Google主導権争いが激化する〈2大黒船〉の未来戦略

◎対話型AIを制するものが世界を制する?

 IT前線の勢力図といえば、パソコンOSではアップル対マイクロソフト、スマホではアップル対アンドロイド(グーグル)の2強時代が続いてきました。

 しかし今、注目のライバル関係はアマゾン対グーグル。日本で最も期待されている超進化家電も、『アマゾンエコー』と『グーグルホーム』です。アマゾンは世界一のオンライン書店であり、ネット通販会社なわけですが、AIによって一躍IT界の最前線に躍り出ました。

 両製品とも対話型AI(※1)を搭載したデバイス。AIの進化による「音声認識」の格段の進歩が背景にあります。

 アップルのSiriも対話型AIですが、両製品はスマホに限らず、ネットにつながる家電すべてとつながるとともに、数m離れた場所からでも、音声での指示や対話を行なえる点が画期的です。

最新技術が続々と製品化!
最新技術が続々と製品化!(写真左は音声アシスタント機器の『Amazon Echo』、右は『Google Home』)

※1:『アマゾンエコー』のAIはアレクサ、『グーグルホーム』のAIはグーグルアシスタント。

Topic2/ますます対話型が人気に!最新技術を集約させた〈ソーシャルロボット〉が登場

◎お手伝いさんロボットが一家に1台となるか

 AIの進化により、入手した情報の認知力が飛躍的に高まりました。また、IoT(Internet of Things)の浸透によってあらゆる場所から様々な情報を入手し、あらゆるモノとつなげられるようになりつつあります。これらを融合し、人との新たな接点としての役目を担うものが「ソーシャルロボット」です。

 振り返れば日本で1999年、ソニーが発売した犬型ロボット『AIBO』は、会話はできませんが、遊ぶことで賢くなっていくAIロボットでした。

 今、注目されているのは対話ができるロボット。すでにアメリカでは、朝起こしに来てくれたり、テレビをつけたりしてくれる高さ50cm程度の小型ロボット(※2)の開発が進んでいます。日本でも、少子高齢化が進む現代、介護の担い手としても「ソーシャルロボット」への期待は高まっています。

ソーシャルロボットの開発競争も激化!
ソーシャルロボットの開発競争も激化!(写真はソフトバンクの『Pepper』によるドリンク提供サービス)

※2:家庭内ロボットとしてJIBO(ジーボ)、BUDDY(バディ)などの開発が進んでいる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。