人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

初代『Surface』発売からわずか数年で一流のプロダクトメーカーに昇りつめたマイクロソフトのものづくり戦略

2017.06.23

ノートPCとタブレットを兼ね備えた“2 in 1”のデバイスの先駆けとして、2012年10月に初代Surfaceが発売されてからわずか約4年半(国内発売は翌2013年3月)。Surfaceブランドはすっかり定着した感がある。5/26に開催された発表会では、そんなSurfaceブランドの新ラインアップが披露された。日本未発売だった28インチのディスプレイのオールインワンデバイス『Surface Studio』、新感覚のPC操作を可能にするホイール型デバイス『Surface Dial』、従来のSurfaceを正統進化させた『Surface Pro』、高性能と高機能をバランス良く搭載した美しいノートPC『Surface Laptop』が一挙にラインアップに加わった。

つい数年前までマウスやXboxなどを除き、デバイスを作ってこなかったマイクロソフトがこの短期間でここまでクオリティーの高いデバイスを立て続けに投入できるのはなぜなのか?

今回マイクロソフトの米国本社にあるモノ作りの拠点『Building87』を取材することができたのでマイクロソフトのモノ作りの秘密を、同社のインダストリアルデザインを統括するRalf Groene氏のインタビューとともに紐解いて行きたい。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。