人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.23

ポラールがGPS使用時でも16時間連続使用できるサイクルコンピュータ『M460』を発売

心拍トレーニング製品を手がけるポラール・エレクトロ・ジャパンは、GPS 使用時でも16 時間の連続使用が可能なサイクルコンピュータ『Polar M460』を6月29日より発売する。税別の希望小売価格は『M460』(心拍センサーなし)2万3800 円、『M460 HR』(心拍センサー付)2万9800 円。

M460

その特徴としては、まずパワーメータと『M460』のGPS、気圧計による傾斜計のデータを連動させ、パワートレーニングで必要になるNP(Normalized Power)、IF、TSS(Training Stress Score)の数値を表示することが可能だ(※)。
※利用にはパワートレーニングの管理で定評のあるTrainingPeaks のアカウントが必要になります。

Stravaプレミアのライブセグメントサービスが利用でき、他のStravaユーザとスピード対決も楽しめる。Stravaのセグメント情報を『M460』に登録すると、その区間に近くなるとアラートが表示され、スタート位置、ゴール距離を判別できる。Stravaプレミアは有料サービスだが、『M460』購入者はStravaプレミアを2か月間無料で使用が可能だ。

M460

そしてGPS内蔵のサイクルコンピュータとしてスピード、距離、気圧、高度など、サイクリストに必要な基本的データを表示。胸ストラップ型心拍センサー「Polar H10」を装着すれば、心拍数を測定できるだけでなく、トレーニングによる効果や、負荷、疲労の回復状態をフィードバックし、VO2max(最大酸素摂取量)を推定できるフィットネステストや、現在の体調を知ることができる起立試験を実施できる。さらにスマートフォンの着信、メール受信、SNS、カレンダーの通知機能なども備える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ