人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

「東京おもちゃショー」で見つけた大人の心を揺さぶるアイテム10選

2017.06.22

■「おっ、これ買った」って人は確実に40歳オーバー

 今になって思えば、「何でこんなのが流行ったのだろう?」という謎のアイテムは数多い。この「ゲームロボット」も、失礼ながら当時だからこそ流行ったとしか言いようがない。かくいう筆者も購入者のひとりなのだが……。

 このゲームロボットは初代モデルが1982年に発売されている。「ファミリーコンピュータ」の初代モデルが発売されたのが1983年7月のことなので、ギリギリ黒船襲来に間に合った……といったところだろうか? もし、順番が逆だったらおそらく人気を得るのは難しかったかもしれない。

 しかし、電卓としも機能することからわかるように、少々知的なゲームが多く、両親からのウケは良かったような記憶がある。

 そのゲームロボットが2006年の初回復刻から11年の時を超えて、「ゲームロボット25」として帰ってきた。

 スッキリとしたデザインのためか、スマホのような感じなのは現代流だけれど、往年の雰囲気は色濃い。実は昨年、やや大型で80年代当時のイメージをより鮮明に復刻した「ゲームロボット50」がハナヤマより販売され、2億円あまりも売れたという。

 本作は税別2980円でゲーム数は25種類。当時を懐かしむもよし、子どもと一緒に遊ぶもよし。ポップで知的な雰囲気は健在だ。

■ちょこちょこ動く鉄道模型は車両のセレクトが渋い

 これって絶対、「子どもに買ってあげる」っていう父親が一番、楽しんじゃうんだろうなぁっておもちゃが、マスダヤの「パネルワールド」だろう。

 直線やカーブ、トンネル、鉄橋などのさまざまなパネルを組み合わせて車両を走らせるもので、ちょこちょこと動く姿がかわいらしい。

 E6系やE7系といった最新の新幹線車両などに混じり、113系近郊型電車やEF81形電気機関車、D51形蒸気機関車など、シブ好みの車両も用意されているので、おっさんも十分以上に楽しめる。車両は税別各1500円。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。