人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.22

クラウドファンディングでブレークしたヘルシーフード5選

アイデアにあふれたガジェットやグッズのイメージが大きい、日本のクラウドファンディングだが、最近は食品やドリンクのプロジェクトも増えつつある。

今回は、その中でもヘルシーフードのプロジェクトとして成功を収めたものを、5点紹介したい。

●『低糖オーブンクッキー』(晴café)

糖質オフ中の人でも安心して楽しめるお菓子として開発されたのが、現在Makuakeで展開中の『低糖オーブンクッキー』。北海道の十勝でカフェ「晴café」を営んできた店主が、糖尿病予備軍と診断されたことが、開発のきっかけだという。

このクッキーは、砂糖は不使用で、代わりにエリスリトールという天然の甘味料を使っている。これは、血糖値を上昇させず、虫歯にもなりにくく、身体への安全性も確認されているスグレもの。また、血糖値を上げやすい薄力粉も使わず、アーモンド、大豆フレーク、ごま、おから、そしてごく少量の全粒粉を使って焼き上げている。そのため、糖質量は従来のクッキーと比べて70~80%減っている。

さっくりほろりとした触感の『ごほうびサブレ』(ミルク、瀬戸内レモン、シナモンジンジャー、抹茶)、大豆フレークをベースにした噛み応えのある『3時のロシェ』(クランベリー、カカオ)、パリパリとした食感の『おしゃべりチュイル』(ごま、アーモンド)の合計3種8フレーバーある。

糖質オフをウリにした食品には、「味のほうはどうも…」というものが少なくないが、こちらは、文句なしのおいしさで、どのフレーバーもハズレはない。このほか、糖質オフの『こんがりカマンベールチーズケーキ』や、無農薬のラズベリーリーフティーなども扱っている。

●『フムス』(株式会社インクロムプラス)

『フムス』はもともと、中東・地中海地域の伝統食で、ゆでたひよこ豆に、ごま、オリーブオイル、ニンニク、レモン、塩を加えてすりつぶし、ペースト状にしたもの。現地では主に、ピタとよばれるパンにつけて食されていた。

これが2010年頃に、ハリウッドセレブらが「ダイエットにいい」ともてはやして、世界中に広まりはじめた。日本ではほぼ無名であったが、健康志向の食品を開発・販売するインクロムプラスが、プラスチックカップ入りの『フムス』(プレーン、バジルの2種)として、クラウドファンディングで展開し、成功を収めた。

『フムス』は、高たんぱく・低GIで、にんにくを隠し味として効かせながら、さっぱりとした風味が印象的。ベジタブルスティック、クラッカー、サンドイッチなど、様々な食材と相性がよく、インクロムプラスがサポートする「Vege Stand」(新宿マルイ本館地下1階)など3店舗でも、『フムス』を使用したメニューが用意されている。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ