人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.21

なぜキャラクターやアニメとコラボしたコンセプトルームのあるホテルが増えているのか?

 キャラクターやアニメとコラボしたコンセプトルームを備えるホテルは多い。

「これにはふたつのメリットがある」というのは、ホテル評論家の瀧澤信秋さん。

「ひとつは、話題性を高めることと新たな顧客開拓。コラボするキャラクターなどへの興味から、新規客を宿泊へと誘導できるんです。また、コンセプトルームはいわば 〝特別室〟。正規室料を値引きすることなく提供できるというのもメリット」

 この手のコンセプトルームは2000年前後から登場し始め、4年ほど前からブームに火がついている。

 例えば、「ロイヤルパークホテル ザ 汐留」は2013年にインテリアや内装にこだわったコンセプトルームを登場させた。

「高級家具ブランドや著名なデザイナーとのコラボを実現。これは全く新しいタイプのコンセプトルームの誕生といえるでしょう。利用者の滞在満足度を高めるだけでなく、コンセプトルームの提案がホテル全体のブランディングにもなる。今後も増えていくと思います」

 ホテルのコンセプトルーム化が進む理由は、現在のホテル事情にある。

「外資系高級ホテルの台頭で、日系一流ホテルは苦境にあります。コンセプトルームはそれを打開するための手段のひとつでもある。また、最近のコンセプトルームに和モダンの採用が増えているのは、訪日外国人観光客を取り込むためです。富裕層外国人客好みの〝和〟テイスト。これが昨今のホテルのトレンドのひとつとなっています」

26階の26室はすべてが違う誂え!何度泊まっても「別の顔」に遭遇する
【ロイヤルパークホテル ザ 汐留】

2013年のリブランドの際に、コンセプトルームが登場。現在は26階の26室を、著名なデザイナーやブランドが手がけ、洗練されたホテルライフを提案。「ずっと籠りたくなるような部屋づくりが魅力」。

ロイヤルパークホテル ザ 汐留
2610号室は、テレンス・コンランがイギリス、日本などで展開する人気インテリアショップ「ザ・コンランショップ」がコーディネート。

2627号室
2627号室はホテル唯一の畳敷き。和モダンなジュニアスイート。

2623号室
植物や水といった自然がモチーフ。独特な世界観の2623号室。

2614号室
「IDC大塚家具」コラボの2614号室は独身貴族の書斎のような誂え。

2622号室
「ワイス・ワイス」の木製家具で構成された2622号室は癒しの空間。

〈技あり宿泊術〉公式サイトからの予約が最安。全国の「ロイヤルパークホテルズ」共通の無料会員になると500ポイントが付与される上、コンセプトルームの予約が早割に。

[DATA]
東京都港区東新橋1-6-3
電話/03・6253・1111 http://www.rph-the.co.jp/shiodome/
室料/ザ・コンランショップルーム(57平方メートル)4万1580円~

ホテル評論家
瀧澤信秋
コスパの高い国内ホテルに精通し、宿泊者目線のホテル評論に定評が。雑誌や新聞への寄稿、テレビ出演など、活躍は多岐にわたる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ