人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.21

給与だけじゃない!保育の現場が抱える問題とは?

昨今問題となっている保育士の離職率だが、厚生労働省の社会福祉施設等調査(平成27年)によれば、勤務者32万196人に対して退職者は3万2823人で、離職率は10.3%となっている。

保育士や幼稚園教諭に特化した人材紹介サービス「保育のお仕事」を展開するウェルクスは、ベビーシッターサービス「キッズライン」を運営するキッズラインと共同で、そんな保育士不足に関する独自調査を実施。先日、その結果を公開した。

まずは待機児童問題について、どのような対策が必要かを聞いたところ、「待遇改善などによって保育士を増やす」と回答した人が最も多く、全体の84%。次いで「企業内託児所を完備する(57%)」、「小規模保育施設を増やす(50%)」「保育士シッターが1対1で自宅で保育を行う(31%)」「保育士配置数の規制を緩和する(18%)」となった。保育施設を増やす以上に、保育の現場を担う人材の確保が急務であると多くの人が認識していることがわかる。

続いて、待機児童問題の要因のひとつにもなっている保育士不足について、保育士の採用が難しいとされている理由を聞いた(複数回答可)。

アンケート結果では、保育士採用が難しい理由として、「給料の安さ(72%)」という回答が最も多いものの、「残業など勤務時間の長さ(58%)」、「人間関係の難しさ(48%)」「保護者対応の大変さ(42%)」など回答者の半数前後が賃金以外の労働環境にも課題を感じていることがわかった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ