人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.21

海外に行く前に準備しておけばよかったと思うことTOP10

日本政府観光局(JNTO)の発表によれば、2016年における年間日本人出国者数は1711万6200人を記録。これは対前年比で5.6%増となり、2013年のマイナス5.5%以来続いていた減少傾向に歯止めがかかった形となった。

海外プリペイドカード「DAIWA SMART DEPOSIT」を展開する大和ネクスト銀行では、外渡航に関する意識や実態を探るため、2016年に続き、海外渡航経験のある全国の20歳~79歳の男女を対象に、海外渡航に関する調査をインターネットリサーチにより実施。1000名の有効サンプルを元に、その結果を公開した。

まず海外で体験できてよかったと思うもの・ことを聞いたところ、「食べ物・飲み物」が78.9%で最も多く、次いで、「街並み」70.8%、「現地の歴史・文化」58.6%、「ショッピング」58.4%、「世界遺産・絶景」54.1%が続く。現地の食や風景を楽しんだ人が多いようだ。
年代別にみると、20代~40代では「レジャー・スポーツ」 (20代50.6%、30代49.1%、40代49.1%) が50代以上に比べて高い。一方、60代や70代では「現地の歴史・文化」 (60代67.1%、70代74.1%) や「世界遺産・絶景」 (60代62.9%、70代78.3%) が50代以下と比べて高くなっている。60代・70代には、その土地でしかみられない景色や歴史といった文化的な側面を楽しんだ人が多いことがわかる。

次に、海外に渡航した際、どのようなことで困ったか聞いたところ、「両替のための手数料がかさんだ」が23.9%で最も多く、次いで、「為替変動 (円安) で、考えていたより費用がかさんだ」20.3%、「タクシーがわざと遠回りをした・しようとした」15.6%、「交通機関が定刻より早く出発した・大幅に遅延した」13.9%、「押し売りに遭った・遭いかけた」12.1%が続く。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ