人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.16

ガーミンがフルHD録画モデルなど業界最小クラスのドラレコ3機種を発売

GPS機器およびフィットネスデバイスを手がけるガーミンジャパンでは、手のひらサイズの小型ドライビングレコーダー「GDR」シリーズ最新モデル3機種を6月23日より発売を開始する。ラインアップは『E530』2万4800円、『S550』2万9800円、『E560』2万6800円(価格はいずれも税別価格)。

『GDR E530/S550/E560』シリーズは高画質録画機能を搭載した、業界最小クラスのコンパクトドライビングレコーダーだ。最先端運転支援機能(前方衝突警告、車線逸脱警告、発進確認警告、スピードカメラアラート)やパーキング モード(同梱パーキングモードケーブル接続時)も搭載されているため、ドライバーの安全運転をアシストしてくれる。

ちなみに、前方衝突警告(FCWS)は前車への接近を警告音で知らせる機能、車線逸脱警告(LDWS)は車線のはみ出しを検知して警告音で知らせる機能、発進確認警告は信号発進時など、前車の発進を警告音で知らせる機能、スピードカメラアラートは、オービスポイントへ接近すると警告音で知らせる機能だ。

また車輌から離れた際に不審者が車輌に接近した場合など、モーション検知による録画に対応している。 動きや光をトリガーとし、前10秒後20秒を記録。設定した電圧・時間で電源を遮断する遮断設定により、バッテリー上がりも防止する。

ほかに3モデルの共通機能として、スピード、位置、日時を記録する高精度GPS、万が一の時に自動的に録画を保存するGセンサーによるショック検知、スマートフォン経由で映像の共有が簡単にできるWi-Fi機能なども搭載されている。

『E530』と『S550』の2モデルにはSONY社製CMOSセンサー「Exmor」を搭載し、Full HD1080p高画質の録画を実現。さらに『E560』モデルではドライビングレコーダー最高クラスの画質となるQHD(クアッドエイチディー)1440p録画や、HDR(ハイダイナミックレンジ)に対応しており、トンネル出口など明暗差のある場所でも、「黒潰れ」「白飛び」を緩和した映像を記録できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年12月15日(土) 発売

DIME最新号の特別付録はCOMPLYの「高級イヤーチップ」!大特集は「<超保存版>2019年トレンド大予測」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ