人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.18

世界中のビジネスマンが夢中になる泥んこレース「スパルタンレース」参戦レポ

“汚れ”ブームが来ているかもしれない。泡まみれになりながら走る「バブルラン」や、カラーパウダーを浴びながらゴールを目指す「COLOR ME RAD」、さらに自転車の世界だと泥の中を駆け抜ける「シクロクロス」がジワジワと人気を高めている。そして今回体験してきた「スパルタンレース」。このように身体中を汚しながら楽しむレースが増えている気がしてならない。

普通に考えれば、お金を払ってわざわざ汚れに行くことはおかしいのだが、大手を振って泥んこ遊びをしたい大人が、実はたくさんいるのかもしれない。「リーボック スパルタンレース」は、世界30か国で200のレースが行われ、100万人が参加する「オブスタクル(障害物)レース」。汚れるだけではなく、数々の障害物を越えてフィニッシュゲートを目指す。日本初開催となった今回は、7kmを走る間に22個のオブスタクルを配置した「スプリント」とが行われた。このほかに10km以上の「スーパー」、さらに長い「ビースト」もある。


MCの「WHO AM I ?」の問いかけに「I AM A SPARTAN!!」と叫び返す、コール&レスポンスの儀式の後スタート。

筆者はトライアスロンや自転車を楽しんでいるため、距離的な部分に不安はなかったものの、オブスタクルをクリアすることについては全く自信なし。「うんてい」なんて20年以上ぶら下がってないし、久しく身体より重いものも持ち上げていない。ただ、もしクリアできない場合でも「バーピー×30回」をすることで、その障害をクリアとみなす救済措置(ペナルティ)がある。「頑張り」さえすれば誰でもフィニッシュまではたどり着けるシステムにはなっているのだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ