人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.15

臭う、乾きにくい、梅雨時の洗濯悩みの解決法

梅雨といえばジメジメしていて、室内干し臭がし、さらに乾きにくいというなんとも憂鬱な季節。そんな中、ちょっとした工夫で梅雨の洗濯も爽やかに実践できる方法がある。日本洗濯ソムリエ協会に、梅雨時期の洗濯や部屋干しのコツを聞いた。

■梅雨のよくある洗濯悩み

梅雨の時期になると途端に気になりだすのが、洗濯の悩み。NPO法人日本洗濯ソムリエ協会の代表幹事である橋本英夫さんによれば、梅雨時期になるとよくある悩みには、次のような原因があるという。

●洗濯物から嫌なにおいがする

「酸っぱいような、汗臭いような嫌なにおいは、洗濯物に付着した雑菌、及び、洗濯で落としきれなかった皮脂などの汚れが原因です。きちんと汚れが落ちていないのです。洗濯物を洗濯機に詰め込み過ぎるのも、きちんと洗えない原因です。また、洗濯が終わっても、いつまでも洗濯機の中に洗濯物を入れておくと、雑菌が繁殖しやすくなり、においの元になります。

また、ビジネスパーソンでありがちなのが、週末に一気に洗濯するため、平日は脱いだものを洗濯機の中にためていくこと。梅雨は湿気が多いため、特に雑菌が繁殖しやすくなり、においの原因になります」

●洗濯物が乾きにくい

「梅雨の時期は、室内に干さなければならないことが多いため、風通しが悪く、乾きにくくなります。洗濯物を密着させて干すのも乾きにくい要因です。また、生乾きの状態は、最も菌が繁殖しやすいため、嫌なにおいにもつながります」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ