人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ついに『Galaxy S8』発売!常にスマホの最先端をいく「Sシリーズ」

2017.06.16

■画面のアスペクト比を刷新し、iPhoneを過去のモノへと追いやったS8

石崎:ここまでGalaxy Sシリーズの7年あまりの歴史を駆け足で振り返ってきましたが、常にスマホの最先端を走り続けてきた事が改めてよく分かりました。

 そして、Sシリーズ最新モデル、S8とS8+がついに登場しました。

中馬:まさにGalaxy Sシリーズの集大成という感じがします。数々の高性能が自慢のS8|S8+ですが、僕はなんと言ってもデザインが秀逸だと思ってます。画面上に表示することでホームボタンを廃して、極限までディスプレイサイズを拡大した狭額縁ボディは、エッジスクリーンから背面まで滑らかな曲線を描き、官能的です。

石崎:ディスプレイのアスペクト比(タテ横比)を「18.5:9」にしたことで、S8で約5.8インチ、S8+だとなんと約6.2インチもの大画面なのに、横幅はスリムなのがいいですよね。

中馬:だから、持ちやすい。しかもマルチウィンドウだと動画を観ながらSNSをやるなんて使い方もできるし。この画面サイズにしたのは、画期的といわざるを得ないでしょう。

石崎:カメラ機能も進化して、インカメラでもF値が1.7と実に明るいレンズを搭載。自分撮り機能に気を抜かないのは、Sシリーズの伝統ですね。

中馬:虹彩認証や顔認証のセキュリティもユニークですし、指紋認証も含め、反応が実に素早い。スッキリとした美しいボディのフォルムなのにとてもユーザーフレンドリー。このツンデレ感がたまらないですね(笑)。

■スマホ焼損の危機を乗り越え、さらに進化するGalaxy Sシリーズ

石崎:昨年、Galaxy Note7が焼損し、全世界で発売中止になるなど、Galaxyは大きな壁に当たりました。

中馬:政治スキャンダルも含めて、Galaxyはもはやグローバルブランドとしての地位を失うのではと危惧しましたが、S8|S8+はそんな心配を払拭する見事な復活劇のヒーローとなりました。

石崎:Gear VRやGear SといったGalaxy Sシリーズと連携するウェアラブル端末も進化してますし、Gear 360も動画の新たな魅力を引き出してくれています。今後もますますGalaxy Sシリーズは進化していくんでしょうね。

中馬:今までは機能面でスマホの最先端を走ってきた印象が強いですが、S6 edge以降はデザインや感性面でも世界をリードしている感じがしています。

 僕は長らくのアップルユーザーで、iPhoneも3GSから歴代モデルを愛用してますが、個人的な感想ですけれど、生涯のライバル、iPhoneを追い抜いた、そんな気がしました。

石崎:iPhoneも新型の登場が間近です。Galaxy Sシリーズとは今後もアツい戦いを繰り広げてくれそうで、楽しみです。

中馬:いずれにしても、世界トップメーカー同士のスマホ対決が、今後のスマホのトレンドをリードしていくのは間違いないでしょうね。

撮影/福永仲秋(ANZ)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。