人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.14

今すぐ始めるべし!現役世代のためのお金と仕事の予防策

最近、ふたつのキーワードが社会問題として顕在化している。「下流老人」と「貧困女子」である。どちらも現役ビジネスマンには縁遠い話題のようだが、油断大敵。それどころか、極めて身近な問題だ。老後は悠々自適に年金暮らし、というのはもはや〝幻想〟に限りなく近い。私たちはどう備えるべきなのか。

チェックシートとデータで厳しい現実の把握を!「下流」と「貧困」現役ビジネスマンが今すぐ始めるべき「お金と仕事」の予防策 チェックシートとデータで厳しい現実の把握を!「下流」と「貧困」現役ビジネスマンが今すぐ始めるべき「お金と仕事」の予防策

◎ライフプランに照らし、早めに手を打とう

 テレビや雑誌の特集などで、「下流老人」や「貧困女子」の衝撃的な生活実態を目の当たりにすることが増えているが、決して特殊な例だとは言い切れない。「世論調査」(内閣府、2014年)でも、悩みや不安のトップに「老後の生活設計」(57.9%)がきている。お年寄りや女性だけでなく、世の中の重大な関心事なのである。現役ビジネスマンにとっても、給料収入の目減り、値上げや増税による生活維持費の上昇、年金不信など、先行き不安は絶えない。その多くは、個人の努力ではどうしようもないレベルのものもある。

 だが、下流や貧困に転落するリスクを確実に軽減する方策はある。まず大切なことは、自分自身のお金や仕事、人脈の実態を知り、将来のライフプランに照らし合わせてみて、過不足がないかどうかを把握すること。

 お金の面での不足が予想されるなら、対策は2つしかない。支出を減らすか、収入を増やすかだ。将来への備えは、早く着手すればするほど、大きな効果が期待できるのだ。

■まずは収入や生活状況から転落リスクを把握

自分が「下流」や「貧困」に陥るリスクはどのくらいなのか。現在の貯金額や生活実態、マネーリテラシーなどから、危険度を測ってみよう。

収入や生活状況から転落リスクを把握

〈さて、あなたはどのタイプ?〉

●チェック数0〜3の人は老後下流&貧困リスク低め But! 油断大敵

リスクヘッジはできているものの、ひとつでもチェックがある人は社会状況がさらに悪化すれば転落するリスクも。

●チェック数4〜6の人はビンボー老人になる可能性が高い

定年後、年金以外の収入がなくなれば苦しい生活を強いられる可能性大。中長期的に高コストな支出の見直しを。

●チェック数7以上の人は老後どころか数年先に下流&貧困転落か!?

今すぐ支出と収入を見直す必要あり。収入面では副業の検討を。支出面はかなり細かな項目までムダを削るように。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ