人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.14

後輩社員の半数近くが見ている先輩女性の化粧崩れ

 オフィスでも少し動いただけで汗ばむ季節になってきた。ところで職場で先輩女性の化粧崩れに気づいたことはあるだろうか。伊勢半が以前、「先輩女性のオフィスでの化粧崩れ」に関する意識・実態調査を行なったところ、後輩男女の約半数が、先輩女性の化粧崩れをチェックしていることがわかった。職場に女性の先輩がいる後輩男女に、職場で先輩女性の化粧崩れに気付くことがあるかどうかを質問すると、47.2%と半数近い後輩男女が「ある」と回答。化粧崩れのどのようなポイントを見ているのかを調べると、先輩女性の顔全体の化粧崩れで気になる点としては、以下の回答が上位に並んだ。

・脂が浮いていてテカりが目立つ(45.6%)
・ファンデーションがとれかけていて毛穴やシワが目立つ」(34.2%)
・アイラインがにじんでいてパンダ目になっている(25.8%)
・マスカラがにじんでいてパンダ目になっている(17.1%)

 ベースメイクの化粧崩れに加え、アイメイクの化粧崩れが上位にランクイン。中には、「メイク全体が落ちかけていてすっぴん(メイクをしていない状態)のように見える」(11.4)と回答している人もおり、化粧が崩れている状態の女性たちは、いつもの「顔」がなくなってしまった、いわば顔ナシ女と言えるのかもしれない。

化粧崩れで顔ナシ女状態に!?マスカラ、アイライン顔ナシを決めるのは「アイメイク」

 化粧が崩れていて、普段とは顔の印象が異なる、もしくは、化粧をしていないように見えてしまう女性を顔ナシ女とした場合、どのようなポイントが顔ナシ女と認識されるかについても調査をおこなったところ、1 アイメイク全体がにじんでいる・落ちている(58.4)がランクイン。ベースメイクによる化粧崩れを抜いて、アイメイクの化粧崩れが顔がない印象を与えてしまうことが分かったが、アイメイク全体にとどまらず、「マスカラがにじんでいる・落ちている」(54.6)、「アイラインがにじんでいる・落ちている」(53.6)などにも多くの回答が集まり、アイメイクの細かいパーツについてもしっかり見られていると言える。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ