小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

この夏注目のアウトドアギアはコレ!涼しくて心地いいタープの下にセットする専用テント

2017.06.13

■まるでフライシート付きのワンポールテント

 タープに装着できるテントの中でも、オリジナリティあふれるのがユニフレームのREVOルーム4プラス。他メーカーはタープの下にテントを接続するが、こちらはワンポールテントのような形でタープの外側に設営することになる。そのため、専用のフライシートが付属しており、靴を置ける前室も確保しているのが大きな特徴だ。

「小さい区画サイトなど、キツキツでテントとタープの張り綱をうまく張れない場合があります。REVOルーム4プラスは、少しでもサイトを有効活用できるよう、タープのメインポールの張り綱内側に、テントを建てられるようにしました。こうすることで、省スペースを実現すると同時に、設営時間の短縮が可能になりました」と語るのは、新越ワークス広報部。


ユニフレーム REVOルーム4プラス(4万4800円 税込)

REVOタープL(2万3900円 税込)などメインポール240cm、260cmに引っかけて設営する。ユニフレームらしく、グランドシートやフロアマットも付属しており、至れり尽くせり
【問】新越ワークス 03-3264-8311 https://www.uniflame.co.jp/


グランドシートはフライシート裾のSフックに引っかけるだけで装着できる。写真は、その上にインナーテントを広げたところ。インナーテントは上部のバックルで装着するシステム


インナーテントは390(最大幅)×200×H195cmで、4人就寝にちょうどいいサイズ。大きめのメッシュドアとベンチレーションを配備しており、夏も涼しく過ごせそう

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。