人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.12

日本人のワークライフバランス、アジアで最も悪い?

私生活と仕事の調和がとれているか考えたことはあるだろうか。外資系人材紹介会社のヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパンは先に発表したアジア5ヶ国・地域における1200職務の給与水準(同社実績ベース)と、3000社(総従業員600万人超)に対して行なった意識調査の中で、ワークライフバランスが「悪い」「非常に悪い」と回答した割合がアジア5カ国・地域において日本が最も高い事を明らかにした。

この結果について、ヘイズの日本代表マーク・ブラジ氏は以下のようにコメントしている。

「日本は慢性的な人手不足から長時間労働を余儀なくされているケースが後を絶ちません。ヘイズが世界33カ国で実施した人材の需給効率調査(グローバル・スキル・インデックス)によると、日本における人材不足はアジア・太平洋地域で最も深刻であることが明らかになっています。企業は海外からの人材獲得や非正規雇用などで人材不足を解消し、既存の従業員のワークライフバランスを改善する事が求められています」

また、同社でアジアを統括するクリスティーン・ライト氏は、「日本の人材不足は世界最悪のレベルに達しており、解決までは時間を要します。比較的短期間でワークライフバランスを向上させる手段として、在宅勤務やフレックスタイムなどの制度を取り入れ、働き方改革を推進する事をお勧めします」と述べている。

文/編集部

 

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ