小学館IDをお持ちの方はこちらから
ログイン
初めてご利用の方
小学館IDにご登録いただくと限定イベントへの参加や読者プレゼントにお申し込み頂くことができます。また、定期にメールマガジンでお気に入りジャンルの最新情報をお届け致します。
新規登録
人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

視力の低さがプレーに影響するスポーツといえば?

2017.06.12

◆「命と同じくらい大切」!?スポーツを頑張る高校生にとってコンタクトレンズはかけがえのない存在

スポーツにおけるコンタクトレンズの価値について聞いたところ、99.4%が「スポーツをする上でコンタクトレンズは重要な存在だと思う」と回答した。フリーアンサーで具体的にどのような存在かを聞いたところ、「命と同じくらい大切(バレーボール部)」という大胆な回答から、「競技のとき、コンタクトがないと不安になる。コンタクト無しでは走れない(陸上競技部)」、「自分が自分の最高のプレーを求めるのであれば、絶対必要になる、パートナーのような存在(サッカー部)」というプレーの必需品としての回答まで、いずれにせよコンタクトレンズがスポーツを頑張る高校生にとってかけがえのない存在であることがうかがえる。

「スポーツ中の視力」に関する調査

Q:スポーツをする上でコンタクトレンズはどのような存在ですか?(フリーアンサーより)
・競技のとき、コンタクトレンズがないと不安になる。コンタクトレンズなしでは走れない(陸上競技部)
・プレーの幅が広がった(サッカー部)
・自分が自分の最高のプレーを求めるのであれば、絶対必要になる、パートナーのような存在(サッカー部)
・なければ普段通りのプレーができない、必要不可欠な存在(バレーボール部)
・命と同じくらい大切(バレーボール部)
・つける前は不安だったが、慣れたらなしではいられない(テニス部)

【調査概要】
調査主体:ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニー
調査期間:2016年5月10日~5月16日
調査方法:インターネット調査
調査対象:現在運動部に所属している高校生405名
対象部活動:陸上競技、サッカー、野球、ハンドボール、テニス、ソフトテニス、バレーボール、バスケットボール、バドミントン、卓球、ラグビー、体操、柔道、剣道、弓道、水泳、応援団、その他

文/編集部

小学館ID登録&@DIMEログインでルンバi3+&Amazonギフト券が当たる

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年9月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「モバイルPCスタンドMAX」! 特集は「通勤自転車ベストバイ」、「Chromebook vs Surface」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。