人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.12

視力の低さがプレーに影響するスポーツといえば?

スポーツ選手と聞くと、視力がいいものだというイメージがあるが、実際に、視力はプレーにどれくらい影響するものだろうか。ジョンソン・エンド・ジョンソン ビジョンケア カンパニーが、運動部に所属する高校生約400名を対象に「スポーツ中の視力」に関する調査を実施したところ、視力の良し悪しが競技に影響を及ぼす可能性、また運動部の多くが視力矯正をしてプレーしているという実態が明らかになった。また、視力矯正者のうち7割以上がコンタクトレンズを使用しており、そのほとんどがスポーツにおけるコンタクトレンズの重要性の高さを実感していることもわかっている。

football-1350775_960_720

 

◆視力がプレーに影響!?特にサッカー部は目の悪さがミスにつながりやすい可能性

視力が競技に与える影響を聞いたところ、全体の60.5%が「競技中に目の悪さが原因で見えづらさを感じたことがある」と回答した。さらに43.0%が「目の悪さが原因で競技中にミスや失敗をした経験がある」と回答し、目の悪さが実際のプレーにも影響を及ぼす可能性があることがわかった。また競技別に見ると、球技系の部活においては「競技中にミスや失敗をした経験がある」割合が50.7%、中でもサッカー部やバスケットボール部はその割合が6割を超え、競技によって影響度合いに差があることがうかがえる。

「スポーツ中の視力」に関する調査

「スポーツ中の視力」に関する調査

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ