人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.12

梅雨時期の睡眠環境を改善する湿気対策3つのポイント

湿気の多い梅雨時期は、ジメジメとした不快感が睡眠の妨げになる。では、気持ちよく質の高い睡眠をとるために、どのような工夫が必要なのだろうか。眠りのプロフェッショナル、東京西川のスリープマスターが以前、この時期に気持ちよく眠るための睡眠環境の湿気対策について、以下のようなアドバイスを行なっている。

1.湿気が一番たまりやすい敷き寝具をケア

・マットレスの上に敷きふとんはNG
マットレスの上に敷きふとんを敷いている人も多いのでは?これは正しい使い方ではない。厚みのある寝具を2枚重ねると湿気や水分を発散できず、湿気が余計にこもってしまう。

・パッドシーツは湿気対策に最適
汗をしっかり吸い、通気性に優れたパッドシーツは湿気対策におすすめ。汗が染み込んでも、手軽に取り外せ、こまめに洗濯ができるので衛生的。パッドシーツは、天然素材のものや冷感効果があるものなどバリエーションも豊富。

睡眠環境の湿気対策

・敷き寝具裏面の除湿
こまめに立てかけたり、使わないときは下に何かを挟んで裏面にも風が通るようにし、たまった湿気を逃がすように。また、湿気を強力吸収する除湿シートなどを活用すると、より手入れが楽になる。

睡眠環境の湿気対策

・帰宅後は、まず寝室の窓を開けて換気
押し入れやクローゼットの扉を開け放ち、こもりがちな湿気を追い出すことで、快適な室温環境が保たれる。梅雨時期でも換気をして新鮮な空気を入れることが大切。

・押し入れにしまったままのふとんも要注意
押し入れの扉を開放して風を通そう。湿気が気になる人は、下に1枚すのこを敷くと風の通り道になる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ