人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ヤマハがアンプを使わずギターの生音にエフェクトを加えられる『トランスアコースティック ギター』の新モデルを発売

2017.06.09

ヤマハはアコースティックギター「トランスアコースティック ギター」の新製品として、『LL-TA BS』『LS-TA VT/BS』を6月10日より発売を開始する。「トランスアコースティック ギター」とは、ギターの内部に「アクチュエーター」(加振器)を搭載することにより、アンプを使わずにリバーブなどのエフェクトをギターの生音に付加することができる、同社独自のアコースティック ギターだ。価格は15万円(税別)。

『LL-TA BS(ブラウンサンバースト)』は既発売の「LL-TA VT(ヴィンテージティント)」のカラーバリエーションモデル。また『LS-TA VT/BS』はボディシェイプが異なるバリエーションモデルで、「LL」のボディシェイプは伝統のジャンボタイプ、「LS」は小型のフォークタイプ。


左から『LL-TA BS』『LS-TA VT』『LS-TA BS』

弦の振動を電気信号に変換してエフェクト処理し、ボディの内部に設置した「アクチュエーター」に伝え、加振器がギター全体を振動させる構造を採用。これにより、アンプやスピーカーを接続せずに、ギター本体の振動でエフェクト音を発することができるのだ。

「アクチュエーター」はこの位置に装備

そのエフェクト音は、アコースティックギターの発音方式と同様に、ギター全体の振動によってボディから空気振動を伴って鳴るため、ギターの生音とエフェクト音が一体となり、豊かで自然な響きを楽しめる。エフェクトには、重層的な音を発する「コーラス」と、残響音がかかる「リバーブ」の2種類を搭載している。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。