人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

梅雨に入ったら注意すべき「曇り肌」とは?

2017.06.07

梅雨に入れば当然、気温とともに湿度も上昇して、汗や皮脂で肌もベタつきがち。皮脂分泌が過剰になれば毛穴が開き、さまざまな肌トラブルの元となりかねない。そこでポーラ・オルビスグループの敏感肌専門ブランド「DECENCIA」を展開するdecenciaは、30代、40代の女性471名に対して、梅雨時の肌状態や手入れに関する意識調査を実施した。

調査の結果、90%以上の人が「天気によってメークを変えない」と回答しており、天気によってメークを変える人が少数なことがわかった。しかし晴れの日、曇りの日、雨の日で肌色が違って見える。なぜなら、光の強さ(日光の有無)によって、肌への光の反射が違うため。曇りや雨の日は晴れの日よりも光が弱く、肌がくすんで見える傾向にある。晴れの日が少ない梅雨時は、暗くくすんで見える「曇り肌」に注意が必要だ。


また梅雨時に美白ケアやくすみケアなどの「曇り肌」に対するケアの意識を持っている人は1、2割程度しかいないことがわかった。また梅雨時は肌がべたつき出すためか、保湿ケアへの意識は低く、気をつけている人は3割程度に留まる。しかし、冷房が入り始めるこの時期は、肌がうるおっているように感じていてもインナードライになりやすい時期。肌の乾燥は、角層やキメが乱れるため、めくれた角層が影をつくり、光の反射が弱くなるので、よりくすんで見えてしまうおそれがある。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。