人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

コメダの夏の定番スイーツ『ジェリコ』が〝飲むプリン〟に変わる?

2017.06.07

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

 青森、秋田、沖縄以外をのぞく全国で754店舗を展開、毎年70~75店舗を出店しているコメダ珈琲。来年2月には名古屋の1号店が誕生して50年を迎え、躍進を続けている。

 ドリンクメニューにトーストやゆで卵が付いてくる、“名古屋的感覚”のモーニングセットや、コメダのアイコン的メニュー「シロノワール」などのデザート類、コーヒーはもちろん、クリームソーダやミルクセーキなど懐かしい喫茶店メニューがそろい、カフェほど敷居が高くなく、身近に利用できる店として親しまれている。

 2017年のコメダ珈琲の春夏限定メニューの試食会が開催され、いまや夏の定番となった「ジェリコ」の新作も登場。試食も交えて紹介する(価格は税込)。

コメダ珈琲の夏の定番「ジェリコ」が今年は「飲むプリン」として登場

◆ジェリコ

 2014年夏からスタートした夏季限定商品で、ゼリーの食感を楽しむことができるコーヒー系デザートドリンク。「コーヒージェリー(ゼリー)」のジェと「コーヒー」のコを取って「ジェリコ」と名付けた。2015年は「チョコナッツジェリコ」、キャラメル風味の「塩キャラメルジェリコ」を販売。昨年はアイスココアとチョコレートシロップでモカ感を演出した、甘いドリンクが好きな人向けの「カフェモカジェリコ」を販売し、好評を博した。

 夏季限定ドリンクのジェリコは清涼感を重視。一口目から冷たさをしっかりと感じてもらいたいと、冷蔵庫で冷やしたジョッキを使い、グラスの一番下に氷を入れて、ドリンク、ジョッキ、ゼリーのすべてが冷えた状態で提供する。また、ストローはジェリコ専用のもので直径は9mm。ストレスなくゼリーとドリンクを絶妙のバランスで吸える太さになっている。

○元祖ジェリコ(540円/6月1日~)

元祖ジェリコ

 2014年から続いて今年で4年目となるプレーンタイプのジェリコが「元祖」として登場。

 店舗での手作りされているコーヒーゼリーは、コメダ珈琲のオリジナルコーヒーを使っている。コーヒーゼリーにアイスコーヒーを組み合わせ、ホイップクリームをトッピング。ゼリーとコーヒーのほんのりとした苦味を、ホイップやコーヒークリームを合わせることによりまろやかなデザートドリンクに。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2021年4月15日(木) 発売

DIME最新号の特別付録は「スマホLIVEスタンド」! 特集は「投資の新常識」&「輸入食材スーパーの極上グルメ」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。