人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

伝統工芸職人が手掛けたタカラトミーの『アート プラレール』がスゴい!

2017.06.06

タカラトミーは、同社が考えるおもちゃ作りに不可欠な「日本ならではの職人魂や繊細さ」を表現するものとして、58年の歴史をもつ鉄道玩具『プラレール』と日本の伝統工芸職人の技を融合させた『伝統工芸×プラレール』を制作した。今回は『江戸切り子』『箱根寄木細工』『京都竹細工』『漆塗り』の4つのアートプラレール作品を制作しており、そのうち 『江戸切り子』『箱根寄木細工』『京都竹細工』の3作品を東京おもちゃショー2017のタカラトミーブース内(東京ビッグサイト)で6月1日~4日<一般公開は6月3日~4日>の期間中、展示する。

伝統工芸×プラレール

『伝統工芸×プラレール』は同社の「プラレール」と日本の伝統工芸職人の技と美を集約した参考アートプラレール作品だ。今回のプロジェクトでは夏の風物詩「花火」を各作品コンセプトに、『江戸切り子』『箱根寄木細工』『京都竹細工』『漆塗り』の伝統工芸職人4名がそれぞれの解釈で「花火」を表現。精巧秀逸な4作品(各3両編成×12車両)が誕生した。『箱根寄木細工』『京都竹細工』『漆塗り』は、「プラレール」同様に青いレールの上を電動走行することも可能だ。

『伝統工芸×プラレール』は、3両編成の車両というプラレールの規格の中で、それぞれの伝統工芸のもつ技術、匠の技、季節、素材、色、模様、形状が集約し表現されている。 なお、本イベント以降の展示および、『漆塗り』作品の展示につきましては、詳細が決定し次第同社HPなどでの公開が予定されている。本作品は販売の予定はない。

『伝統工芸.プラレール』江戸切子
職人/高野秀徳氏

伝統工芸×プラレール
「『花火』というテーマから、自分は『夜空』を連想しました。そして車体の青い色から、夜行列車「ブルートレイン」を連想しました。側面には、列車が駆け抜ける山々と、夜空に輝く星を、天面には、夜空に煌めく天の川をイメージして、そこに江戸切子の代表的な紋様の麻の葉、六角篭目、八角篭目を組合せています」

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。