人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.04

3つのセンサーと熱風量アップにより調理時間を短縮した東芝のオーブンレンジ『石窯ドーム』

東芝ホームテクノは、温度検知と熱風の性能を向上により調理時間の短縮を実現した業界最高オーブン温度350度の過熱水蒸気オーブンレンジ『石窯ドーム』の新製品『ER-RD7000』を7月上旬から発売を開始する。

その特徴としては、まず加熱のムラを抑える、直径約20cmの大型アンテナに、3つのセンサーを組み合わせた「高精度トリプルセンサー」を新搭載。スイングする8つ目赤外線センサーで庫内の1024か所を細かく検知する「1024ポイント赤外線センサー」、庫内の中央部分を連続的に検知する「センター赤外線センサー」と、庫内の温度を検知する「温度センサー」を組み合わせることで、解凍時間(お急ぎ解凍)の短縮可能にした。

さらに庫内に熱風をすばやく循環させる湾曲天井、四隅を丸くし熱風循環を促進する「ラウンド石窯ドーム構造」と、庫内のセラミックコーティングによる遠赤外線「庫内まるごと遠赤」により、業界最高350度の高温調理と、200度まで約5分の予熱を可能にした。また、庫内上下に循環させた熱風を、周囲に設けたスリットを介し食材を前後左右から包み込んで焼き上げる「遠赤包み焼き角皿」に加えて、熱風ファンの回転数を増やし、熱風量をアップさせることで焼き上がり時間を短縮している。

スチーム調理では、スチーム発生量を制御して、庫内温度を高精度にコントロールして、食材に適した蒸し調理ができる「石窯スチームコントロール」を搭載。100度のスチームで蒸し調理を行なう「お手軽蒸し」や、温度センサーで庫内温度を検知し、スチーム発生量を制御することで庫内温度を35~95度の5度刻みで高精度にコントロールする「低温蒸し」を備え、やわらかい食感の肉や、すが立たない茶わん蒸しなど、温度管理が難しい調理もお任せで調理できる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。