人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

Buon viaggio!イタリア旅行で使える現地人が喜ぶフレーズ5選

2017.06.04

イタリア旅行で使いたい!現地人が喜ぶフレーズ5選

次の長期休暇、皆さんはお出かけの予定はありますか?もしも海外旅行をお考えなら、早めに準備しておくに越したことはないでしょう。(格安で航空券が手に入るのは今のうちですよ!)

さて、もしもイタリアへの旅行をお考えなら、今回お伝えする5つのフレーズをぜひとも練習して使えるようにしておくべきです。筆者が現地生活を通じて、日常に欠かせないと思うフレーズだけを集めました!ホテルの予約でも、タクシーでの会話でもありません。ずばり、使えば現地人の喜ぶフレーズなのです。

1. Ciao!

Ciao(チャオ)!

何をいまさらと思われるかもしれませんが、レストランでも洋服屋でも、入った時のあいさつはかかせません。”やあ”とか”こんにちは”とかいう意味。

こんなに短い言葉でも、言うと言わないでは全く対応が違ってきます。

もっと丁寧に言いたいなら時間帯に合わせて、Buongiorno(ブオンジョルノ)、Buonasera(ブオナセーラ)なども使えますが、とっさに出てこない場合はCiao(チャオ)と言っておけば間違いありません。(ちなみに、Buongiornoは”おはよう”と”こんにちは”、Buonaseraは”こんばんは”に対応していますが、実は地域によって使う時間帯が異なります。色々な州を回ってみるなら、町の人のあいさつにも耳を傾けてみると楽しいかもしれませんね)

笑って会釈で済ますよりも、はっきりとCiao (チャオ)!とあいさつした方が断然好印象です!

2. Grazie mille!

お次は、Grazie mille(グラッツェ ミッレ)!

Grazieは”ありがとう”、milleは数字の”千”という意味ですが、あわせて”どうもありがとう!”というようなニュアンス。

これも笑顔で、相手の目を見て発音しましょう。

ただのGrazieよりも少し強調された印象で、道案内してもらえた時とか、レストランを出る時とか、ドアを開けてもらった時とか、いつでも使えます。

しかし、少し強調された表現であるからこそ、ぼそぼそと発音してしまえば皮肉にもとられかねません。

感謝の気持ちをリズムに託して、自信をもって伝えましょう!

3. No, grazie.

No, grazie(ノー、グラッツェ)。

“いいえ、ありがとう”という意味。

食後にコーヒー(Caffè/カッフェ)を勧められた時、街中でアンケートをお願いされそうになった時など、旅行中には断らなければいけない場面にもたくさん出くわします。

そんな時、顔の前で手を振るよりも、苦笑いするよりも、Noとだけ言うよりも、No, grazie ”いいえ、ありがとう”と丁寧に断りましょう。

相手の勧めが好意的であってもそうでなくても、きっぱりと丁寧に断るにはたった一言 ”No, grazie”を忘れずに!

こちらの記事も読まれています

春になったら訪れたいヨーロッパの穴場エリア5選

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年10月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「カラビナ付きマルチツール」!激動のエアライン、超便利な出張ギアを大特集!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。