人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

ドコモが伝言メッセージを文字に変換し、スマホの画面に表示する「みえる留守電」を提供開始

2017.06.02

NTTドコモ(以下ドコモ)は、電波の届かないところにいたり、携帯電話の電源を切っていたりする場合などに伝言メッセージを預かる「留守番電話サービス」を拡充。伝言メッセージを文字に変換してスマートフォン画面に表示できる新たな機能「みえる留守電」の運用を6月下旬より開始する。

「みえる留守電」は、「留守番電話サービス」の伝言メッセージを、利用中のドコモ スマートフォンに自動でダウンロードして、好きな順番で再生できるアプリ「ドコモ留守電アプリ」に追加される機能。ダウンロードされた伝言メッセージの内容を文字で画面に表示する。

 

これにより、電車やバスでの移動中や会社の会議中、静かな病院の待合室や騒がしい場所等、伝言メッセージを音声で聞きたくても聞けない状況でも、メッセージの内容を目視で確認が可能。同社では留守番電話サービスを今まで以上に便利に活用できるようになる、と説明している。

利用方法は、まず対応端末を利用中で、「留守番電話サービス」とspモードを契約している人は、「ドコモ留守電アプリ」が自動的にインストールされる。すでに「ドコモ留守電アプリ」を利用している場合は、「みえる留守電」が搭載された最新のアプリにバージョンアップすることで利用が可能になる。

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。