人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.06.01

Facebookの社内コミュニケーション専用SNS「Workplace」は職場を変えるか?

もともとFacebookは身近な友達や家族とつながり、プライベートで利用するSNSとして広く知られています。今回、「Workplace」は会社内でつながりを深め、簡単にコミュニケーションをとり合えるサービスとして日本で正式に登場しました。

先行でWorkplaceを利用している企業もあるため、5月17日に行われた説明会では基本的な機能以外にも、事例についての紹介がありました。

◎Workplaceの機能


(フェイスブックジャパン代表取締役の長谷川晋さん)

Workplaceは会社全体のコミュニケーションツールとして利用できるように、Facebookのような写真・動画の投稿やメッセージ機能はもちろん、アンケート機能、PDFの共有、レポート作成などの機能がついています。

インターフェースはグレー色の背景で、中心にタイムライン、右端にユーザーリスト、とFacebookと似ています。Facebookと違うのは、広告やゲームのような仕事に必要のない機能は省かれているところです。

Workplaceを「業務効率を促進する場所」として利用してほしいとアジア太平洋地域責任者のナクル・パテルさんは言います。そして、マーク・ザッカ―バグさんの「Workplaceを利用することは単にツールを導入するというよりむしろ、ビジネスを運営することに近いと考えている」という言葉を紹介していました。

従業員はFacebookアカウントを持っていなくてもWorkplaceを利用できるため、仕事とプライベートを分けることができます。

また、管理者のページでは、ユーザーアカウントの利用状況を知ることや、ユーザーごとに権限設定をすることができ、Facebookよりも管理しやすいシステムになっています。

Workplaceは会社内で使うことが主な目的とされていますが、「会社間グループ」を使うことで他の企業とコミュニケーションをとることもできます。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ