人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

〆のラーメン、スイーツ、やめられない食習慣を改善する方法

2017.05.31

シメのラーメン、スイーツ…やめられない食の悪習慣を断つ方法

太ると分かっているのに、仕事などのストレスで、どうしても誘惑に勝てず食べてしまう。また、飲み会帰りのラーメンは思いのほか美味しい。「ダイエットは明日から」と毎回宣言するのはよくあることだ。そんな、ビジネスパーソンにとってよくある食事に関する「分かっていてもやめられない悪習慣」を断つコツを、管理栄養士に聞いた。

■シメのラーメンより味噌汁を

「飲み会後のシメのラーメン」はもはや悪習慣の定番中の定番。なぜかお酒を飲んだ後は、糖質をガッツリ摂りたくなることが多い気がする。管理栄養士の今井 菜穂子さんによれば、これには理由があるという。

「アルコールは肝臓の働きを抑制するため、肝臓から糖が作れなくなることから、お酒を飲むと糖質が欲しくなります。また、抗利尿ホルモンも抑えられるため、必要以上の尿が排泄されます。尿は水分だけでなく同時にナトリウムやカリウムを排出するため、ナトリウム不足となり、塩分を欲します。このため、炭水化物と塩分の濃いもの、つまりラーメンはぴったりというわけです。

これを予防するには、お酒を飲む前にしっかりと食事を摂って、低血糖にならないようにしましょう。飲んだ後に、お味噌汁などで塩分と水分を摂ることもおすすめです。

そして、何よりも酔いすぎないことです。アルコールは判断力を低下させ、欲求に逆らえなくなり知らずのうちに食べ過ぎることも。お酒はほどほどにしましょうね」

■味の濃いもの好きは「習慣」だった

上司から仕事を上乗せされ、残業確定。今日は早く帰れると思ったのに…などと積み重なっていくストレスとともに、なぜか食べたくなる味の濃いもの。もともと味が濃いものが好きという人もいるだろう。

「塩分、つまりナトリウムは生きるために必須となる栄養素の一つです。このため、不足しないように美味しいと感じるようにできています。しかし、美味しいからと塩分の濃いものを取り続けると、味覚が狂って塩味を感じにくくなってしまうため、さらに味の濃いものでないと、美味しく感じられなくなってしまうのです」

塩分を控えればいいとはわかっていても、やめられないときはどうすればいいのか。

「味覚は習慣なので、変えようと思えば変えられます。味覚は2週間程度で変わるといわれています。初めは我慢が必要かもしれませんが、塩や醤油、ソース、ケチャップなどの塩分が多い調味料などを減らして、薄味を続けてみましょう。その間、味の濃い外食や中食はなるべく避けるといいですね」

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。