人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.30

〝STEM教育〟って知ってる?デジタルとクリエイティブが融合した未来のハイテク教材

 学校の授業でスマホやタブレットを使うのは当たり前。さらに最近では、手でさわって、体験しながら学べる、デジタルとクリエイティブを融合させた学習キットがいろいろ登場しているのをご存じでしょうか。高価な機材の代わりにスマホを使ったり、簡単な道具だけで楽器やスピーカーを作ったり、アイデアあふれる未来の教材は、生活と学びを結びつけて創造性を豊かにする、そんな効果も期待されているようです。

 こうしたハイテク教材が増えた背景には、アメリカが力を入れているSTEM教育の存在があります。STEMとは「Science, Technology, Engineering and Mathematics」の略称で、科学、技術、工学、数学に関する教育を指し、プログラミングやエンジニアリングといった、私たちの生活に不可欠になりつつあるスキルを身に付け、創造する力を育てることを目指しています。

 STEM教育に力を入れる学校が増え、授業で取り入れられるだけでなく、関連のワークショップイベントが人気を集めるようになり、その影響で次々と新しい教材が開発されているというわけです。

 テキサス州オースティンで開催された国際フェスティバル「SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)」のプログラムの一つ、「SXSW Create」では、そんな未来の学べるハイテク教材がずらりと出展され、たくさんの子どもたちが興味津々で教材を試す姿が見られました。


「SXSW Create」は無料で誰でも参加できる週末イベントで、会場は子どもたちと家族連れでいっぱいだった。

StemBox」は、STEM教育用の教材をパッケージ化して定期的に届けるというサービスです。内容はスマホを顕微鏡代わりにして観察学習をするものから、クレジットカードサイズの回路基板を使って光るスマホケースを作ったり、バリエーションが広く、学習方法はオンラインの動画を見ながら独学できます。開発したのは女性科学者で、女の子でも楽しく使えるデザインになっているのが特徴です。

 
StemBoxは毎月月替わりで教材が届く仕組みで、スマホを顕微鏡にしたり、回路基板を作ったり、学ぶ対象が幅広い。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。