人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

住宅ローンを現在借りている人は2割強、借入経験者は5割弱

2017.05.30

マイボイスコムは、8回目となる『住宅ローン』に関するインターネット調査を2017年4月1日~5日に実施し、1万962件の回答を集めた。

◆住宅ローンの利用経験

住宅ローンの借入経験者は5割弱、「借りている」が23.8%、「借りていたが、もう返済が終わった」が24.1%。「借りたことがないが、具体的に借りる予定がある」は1.5%となっている。借入者・経験者の比率は、過去調査と比べて減少傾向にある。40代では、「借りている」が3割強で他の層より高くなっている。50代以上では、「借りている」が2割、「借りていたが、もう返済が終わった」が4割。

◆利用している住宅ローンのタイプ

借入経験者・予定者の利用している(予定の)住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が38.5%、「変動型」が32.3%、「固定期間選択型」が16.3%。現在借りている人では「変動型」が約45%、過去に借りていた人では「完全固定型」が5割強となっている。

◆住宅ローン借入先選定時の重視点

住宅ローン借入経験者・予定者の借入先選定時の重視点は、「金利の低さ」(64.4%)の他、「諸費用・手数料」「繰り上げ返済手数料」「返済期間の長さ」が2~3割で上位にあがっている。「金利の低さ」は、男性30・40代でやや高くなっている。

◆住宅ローン借入時の参考情報

住宅ローンの借入先選定時の参考情報は、「住宅販売会社・不動産会社の店頭や担当者」「金融機関の店頭や担当者」が各2割強、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「勤務先での社員向け融資の説明」「家族・友人・知人などからのクチコミ」が各1割。これから借りる予定がある人では、「住宅ローンの貸付をしている機関のWebサイト、公式アカウントなど」「住宅ローン比較サイト」「住宅ローンに関する情報サイト」などのインターネットからの情報に関する項目が上位にあがっている。

◆利用したい住宅ローンのタイプ

今後利用したい住宅ローンのタイプは、「完全固定型」が18.2%、「変動型」「固定期間選択型」が各1割。「わからない」が半数強みられる。

◆住宅ローン借り入れ機関の利用理由(全3186件)

・これまでの実績と安定性という現実的な話と会社とのつながりを密接にするためという人間関係の面で選択した。(男性25歳)
・手数料、提携住宅ローンであること、優遇期間経過後の優遇率。(男性38歳)
・金利がやすい。一部繰り上げ返済の手数料が無料。(男性39歳)
・給与振り込みの口座からの引き落としが可能だったから。(男性51歳)
・不動産会社との提携で、ずっと金利の優遇が受けられるから。(女性29歳)
・丁寧な対応で親身になって相談に乗ってくれる。(女性39歳)
・会社のメインバンクだったので他に選択肢が無かった。(女性47歳)
・忙しくて金融機関に行くのが負担だったので、ネットで手続きできる金融機関を選んだ。(女性55歳)

文/編集部

 

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年7月16日(木) 発売

DIME最新号の特別付録はミクロの世界を楽しめる「90倍スマホ顕微鏡」!特集は「家ナカ オフィス改造計画」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。