人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

GLMと旭化成がクロスオーバータイプのEVコンセプトカー『AKXY』を共同開発

2017.05.27

電気自動車(EV)メーカーのGLMは、旭化成と共同でスポーツカーとSUVを融合(クロス)した次世代クロスオーバー車のコンセプトカー『AKXY(アクシー)』を開発した。車両内部は、GLMの量産第1号車のスポーツEVである『トミーカイラZZ』のプラットフォーム部分を活用。車体に、自動車への応用が期待される旭化成の最先端技術や、自動車向け等の同社部材・システムを、計27品目搭載している。ちなみに車名は〝Asahi Kasei ×(かける)You(お客様)〟に由来する。

『AKXY』は量産EVのプラットフォームを活用しているため、コンセプトカーながら「実際に走る」のが特徴だ。同社は今後、これまでの車両開発で得たノウハウ(技術や車両、自動車関連企業・機関と 協力関係等)を活かしながら、車両の内部であるプラットフォームそのものや、その一部分、その設計技術などを他社に提供する「プラットフォーム事業」を本格始動させる、とコメントしている。

今回、旭化成と共同開発したコンセプトEVは、スポーツカーとSUVを融合した、クーペスタイルの美しいルーフラインを持つ。ドアはガルウイング方式を採用しており、室内は3人乗り。全長4685×全幅1813×全高1562mmで、『トミーカイラZZ』と同じ、最高出力225kW(305馬力)のモーターを搭載している。

その内装は球体に包み込まれるようなデザインで、優しく、柔らかな印象を、乗り手に与える。内装に合わせて、外装のショルダーラインの位置より高い車両上部は、球をイメージしたという。一方、ショルダーラインの高さより低い車両下部は、水平や垂直、斜め45度の線を幾何学的に組み合わせ、無機質な印象を強調した対照的なイメージ。車両のフロント部分・リア部分を絞るような形状にすることで、車両上部と下部の相反する印象を強く残しながらも、調和のとれた近未来的なデザインに仕上げられている。デザインはGLMのカーデザイナー、石丸竜平氏が手がけた。

なお同社は、旭化成とともに進めたコンセプトメークをもとに、車両の製作やデザイン作成のほか、車体設計やパワートレイン設計を担っている。担当したのはトミーカイラZZの当社開発チームだ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。