人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

あの頃これが欲しかった!世界初の携帯型ゲーム機、任天堂『ゲーム&ウォッチ』

2017.05.29

あの頃これが欲しかった!いつでもどこでもゲームを遊べる、初の携帯型ゲーム機「任天堂 ゲーム&ウォッチ」
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/c/c4/Game_and_watch_Ball.JPG

日本で初めて大ヒットした家庭用ゲーム機と言えば、1983年に発売された「任天堂 ファミリーコンピュータ(略称:ファミコン)」である事は言うまでもありません。

あの頃これが欲しかった!いつでもどこでもゲームを遊べる、初の携帯型ゲーム機「任天堂 ゲーム&ウォッチ」
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/0/06/Nintendo-Famicom-Console-Set-FL.jpg/2880px-Nintendo-Famicom-Console-Set-FL.jpg

そもそもが、「ゲームセンターのアーケードゲームが家庭(ファミリー)で楽しめるゲーム機(コンピュータ)」である事を売りとしており、「ドンキーコング」や「麻雀」と言ったタイトルのソフトが発売され、家族みんなでゲームを楽しむ事が出来ました。

最終的な出荷台数は全世界累計で約6,291万台を記録する大々ヒット商品となりました。

そこまでヒットしたファミリーコンピュータですが、その発売以前に初の携帯用液晶ゲーム機が発売されていたのを覚えている人は居られますでしょうか…?

1980年に発売された携帯型液晶ゲーム機。それが「任天堂 ゲーム&ウオッチ」なのです!

あの頃これが欲しかった!いつでもどこでもゲームを遊べる、初の携帯型ゲーム機「任天堂 ゲーム&ウォッチ」
http://livedoor.blogimg.jp/exblade-hermit/imgs/9/d/9d3f65f4.jpg

ゲーム&ウオッチは、

●液晶ゲーム機の機能&時計機能がある。(名称の由来です。)
●1つの本体で1つのゲームしか出来ない。(本体のROMにゲームが書き込まれている。)

といった特徴が挙げられます。

お手軽簡単に、何時でも何処でもゲームが楽しめる為、こちらの商品も大ヒット。最終的に4340万台も売れ、そこで得られた利益が、ファミリーコンピュータを開発する原資となりました。

(以降、ゲームウォッチと呼称)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。