人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

スマートフォンの新しいトレンドを生んだ『Galaxy S8』が爆売れする可能性

2017.05.29

■トレンドになりそうな縦長狭額縁ディスプレイ

房野氏:Galaxy S8/S8+本体についてはどう思われますか?

石川氏:モノとしても非常によくできている感じがした。気になるのは、狭額縁というか、ほぼ縁がない状態で、本当に落としたときに大丈夫なのかどうか。

法林氏:ほどほどの狭額縁だといいんだけど。

石川氏:ちょっと攻め過ぎな感じですよね。

法林氏:横のフレームをどういう風に作っているかによる。

石野氏:僕、「Galaxy S7 edge」をガンガン落としてますけど大丈夫ですよ。S8/S8+でもフレーム自体はそれほど変わっていないので、大丈夫じゃないかなと。

石川氏:上下の額額縁が心配。

法林氏:上下はS7 edgeの半分くらい、6〜7ミリくらいになっている。下はホームキーがないし。

石野氏:S7 edgeはフレームがバンパーのようにうまく囲ってあるので、結構、傷ついて凹んだりしているけれど、ディスプレイが割れてはいない。

法林氏:機種にもよるけど、ちょっとした落下くらいで、フレームが壊れてしまうことはないそうです。ただ、フレームから落ちたとき、フレームは大丈夫だけど、内側のディスプレイが瞬間的に押されて、壊れることがある。狭額縁にもある程度、限界があるんでしょうね。

房野氏:転んで頭を打ったときに、頭蓋骨は大丈夫でも脳に影響が出る、みたいなことがあると。

石野氏:ただ、あれで大画面というのは若干ずるいかなとは思いました。

石川氏:大画面という言葉の使い方を変えなきゃいけないなというか、「長画面」なんですよね。

法林氏:縦に長い。

石川氏:大きいS8+が6.2インチ。6.2インチでも持ちやすいのは、幅がなくて縦長画面になっているから。それをそのまま6.2インチ画面ととらえていいのかなという気はする。

石野氏:S7 edgeの持ち心地が、6.2インチのS8+に近いんですよ。S7 edgeのディスプレイが上に伸びている感じなんです。横に倒すと横長のコンテンツは調度良く見えますが、逆に普通の映像だと横が余る。4:3の写真を見ると左右が思いっきり余るので、これを大画面って呼んでいいのかと。

房野氏:でも、動画を見るのは楽しいですよね。

法林氏:Amazonがプライム・ビデオでHDRにも対応した18:9のコンテンツを相当やるみたいだし、コンテンツプロバイダもみんなやろうとしている。

石野氏:S8/S8+の18.5:9という画面比率は映画の画面比率に近いので、みんなコンテンツは持っているわけですよ。S8/S8+の画面にぴったりじゃないですけど、16:9よりはシネマスコープサイズに近くて見やすい。ただ、カメラが4:3のセンサーなんですよね。結構、余るなというのが気になったところ。カメラ画素数も1200万画素で、S7 edgeから変わっていないんですよ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。