人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最先端医療を紹介するイベント『メドテック ジャパン』で見えてきた医療ロボティクスの可能性

2017.05.29

 最先端の医療関連テクノロジーを紹介するアジア最大の国際イベント「メドテック ジャパン」が東京ビッグサイトで開催され、国内外から参加した544社・団体が出展しました。今年はアプリやウェアラブルを活用して生活をサポートする製品やサービスなどの展示が多く見られたほか、ロボティクス技術を活かした製品も多数出展されており、医療分野に先端技術を取り入れる動きが加速していることが感じられました。


東京ビッグサイトで開催された「メドテック ジャパン」は国内外から554の出展があり、4月19日から21日の3日間で34000人以上が来日した。

 特に今年気になったのは、ヒューマンサポートシステムを目的とするロボティクス技術の進化です。よく知られているのは、つくばに本社があるサイバーダイン社が開発するロボットスーツの「HAL」で、下半身に装着して歩行をサポートするタイプは、リハビリで使用するうちに下半身の動きを回復できる可能性もあることが証明されており、世界でも話題になっています。

 スイスで開発されている電動式外骨格型パワードスーツの「TWIICE」もHALと同じ、装着するだけで歩行をサポートする機能を持っています。昨年スイスで開催された、ロボティクス技術を用いたサポート機器を装着した障がい者たちによる国際競技「サイバスロン」に出場するほど高度な技術を備えていて、会場では競技に参加した選手によるデモも行われたそうです。

 下半身が完全にマヒした人が機器の力を借りて、両手で杖をつきながらも自力で歩くことができ、ある程度の障害物もクリアできる。こうした技術は急速に進化していて、参入するスタートアップ企業も世界で増えています。装着型のロボット義肢も含めて早期の実用化が期待されていて、ヨーロッパではこうした機器を保険適用する動きも始まっています。


スイスが出展するブースに展示されていた「TWIICE」は実演デモも披露された。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年9月14日(土) 発売

DIME最新号の特別付録は「デジタルスプーンスケール」!さらに激変するスマホの大特集に最新iPhone情報も!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。