みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >暗い、やる気がない、職場の雰囲気を…

暗い、やる気がない、職場の雰囲気をよくするためにあなたができること(2017.05.28)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

職場が暗い・やる気がない…“関係の質”を上げるために今自分ができること

職場の雰囲気が暗い、やる気が落ちているなどのとき、職場の「関係の質」を上げることで職場のコミュニケーションが活性化し、成果につながるという。では、関係の質を上げるにはどうすればいいか。自分ができることは何なのか。専門家に聞いてみた。

■成功する組織に欠かせない4つの質

合同会社チーム経営代表、組織開発ファシリテーターの嶋田 至さんによれば、組織開発の分野でよく取り上げられる内容があるという。それは、MIT(マサチューセッツ工科大学)のダニエル・キム教授が考案した組織開発モデルの「成功する組織の循環」だ。

成功の循環
「成功の循環」(ダニエル・キム教授)より

職場の「関係の質」を上げれば、“豊かなコミュニケーション”が生まれる。すると、あらゆる想定を踏んだ、質の高いアイデアが生まれる。つまり、「思考の質」が上がるのだ。いいアイデアがあれば、すぐにでも行動に移したくなる。皆が合意・納得すれば、いよいよ実行フェーズへ。そうすれば、自動的に「行動の質」が上がる。質の高い行動は、結果に結びつきやすい。「結果の質」も上がるのだ。結果の質が上がれば、さらに関係の質が上がる。またみんなで協力して頑張ろう、となるからだ。こうした組織の成功循環は、考えてみればとてもシンプルで当たり前のことのように感じる。

1 2 >>
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。