人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.26

ビール好きなら家でもコースターを使って楽しもう!

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~『ビール好きなら家でもコースターを使って楽しもう!』

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


 ビール好きの人に言いたい。家のみでも、コースターを敷いて飲もうと。

 お店の場合、居酒屋なら出てこないかもしれないが、気のきいたビアパブ、バー、レストランなどでは、まず出して来てくれるだろう。店員さんが敷いていってくれれば、飲んだグラスを置く時は無意識にでもそこに置くだろう。まさか、わざわざ横にどける偏屈な人はいないはず。

 敷いてあると何がいいのか? まずは、テーブルが汚れない。グラスの縁からビールが垂れていなくても、温度差で付いていくグラス底面の汗というか水分が、テーブルに付いて、輪っかの痕跡がいくつも重なったりする。

 心地良くビールを愉しみたいと思ってるのに、それでは画竜点睛を欠くというか、そこで飲んでいる自分がダサイ(笑)と思うぐらいになりたいもの。汝、ビール紳士たれ!

 ということを、家でも意識しようじゃないかと。晩ご飯で飲む、寝る前にヘビー目な銘柄を飲む、休日の昼間リラックスタイムに飲む、朝目覚めの一杯……はさすがにいないかもしれないけど、どんな時にでも、「ビール+コースター」をセットというクセをつけておこう。

 と言っても、イケイケ土地成金の応接間にありそうな、ガラスや金属や陶器の、エグイ風味のやつはいらない。紙のコースターでじゅうぶん。

 これは、いまうちにあるコースター群。毎度おなじみ、我がテリトリーである、ベルギービールのものばかりだった。時に、アンカーなど他の国のもあのだが、たまたま切れていて。というのも、汚れたらさくさくと捨てていくから。紙なので洗って落とすわけにもいかないし。そしてなんといっても、「タダ」だから(笑)。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2018年11月16日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「ゴルゴ13」のオリジナル万年筆!大特集は「2018年ベストヒットランキング」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ