人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

身の毛もよだつ怖いデザインのインテリア雑貨8選

2017.05.25

■意味を見出そうとしてはいけない

 

今もってしてもこの製品の用途が私には判らない。そのことが、よりなんとも言えない怖さを増幅させている部分はある。福田十糸子氏による『swing swing』はワシとロウを素材にした人間の胸像である。そしてこの胸像、起き上がり小法師のようにユラユラと揺れる。ただそれだけである。この製品の見出そうとしても無駄なことだとは思う。だが、もしこの製品を手元に置こうと考えるならば、購入した理由を他人に説明できるようにしておかないとあなた自身が今度は奇異な目で見られることになるのでその点は注意した方が良いだろう。価格は税抜5,000円。「密買東京」のオンラインショップから購入することができる。なお、1点ずつハンドメイドによる製作のため、現在販売されているものも順次sold outとなっていく点、留意してもらいたい。

■別の意味で怖いテーブル

 

最後に紹介するこちらのテーブル、他の製品とは違う意味で怖い製品だ。まるで大量のユーロ紙幣を燃やしているように見えるデザインになっており、思わず「なんてことを!」と戦慄してしまう。紙幣だって紙には違わないので、燃やされる姿にされるとまるで本物の紙幣かと見間違えてしまう。Alejandro Monge氏によるこちらのテーブル、製品化はされておらずコンセプトのみの発表のようだ。

text/Wataru KOUCHI

趣味は合唱、読書、語学、旅行、美術館巡り、雑貨屋探索etc...日本、海外の雑貨やガジェット、デザインコンセプトの中から思わず「それ、いただき!」と言ってしまうモノ達を紹介するライター。

■連載/コウチワタルのMONO ZAKKA探訪

新型コロナウイルス対策、在宅ライフを改善するヒントはこちら

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2020年9月16日(水) 発売

DIME最新号の特別付録は「マルチレンチ&ツール14」!特集は「オンラインビジネス入門」「Z世代の新・経済学」「軽自動車」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。