人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース

最新映画の初日満足度ランキング1位は『メッセージ』

2017.05.24

つみきが運営する国内最大級の映画レビューサービス「Filmarks(フィルマークス)」は、サービス内のデータに基づいた「2017年5月第3週上映スタート映画の初日満足度ランキング」を発表した。

Filmarksは、2017年5月第3週に上映が開始された映画を対象に、2017年5月22日時点での★スコア(映画鑑賞後に★の数で評価をしたスコア/5点満点)とMark!数(ユーザーが観た映画としてレビューを登録した数/登録は1作品につき1人1件まで)を集計。★スコアが高い作品から順に「映画初日満足度ランキング」として算出した。

■映画初日満足度ランキング(5月第3週上映スタート作品)
順位 作品タイトル ★スコア Mark!数

1位 『メッセージ』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント) ★3.97 2615
2位 『夜明け告げるルーのうた』(東宝映像事業部) ★3.94 305
3位 『皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ』(ザジフィルムズ) ★3.75 88
4位 『ジェーン・ドウの解剖』(松竹メディア事業部) ★3.64 52
5位 『BLAME!』(クロックワークス) ★3.61 289
6位 『夜に生きる』(ワーナー・ブラザース映画) ★3.53 132
7位 『ピーチガール』(松竹) ★3.37 134

1位:『メッセージ』の評価・レビュー

「とてもいいラスト。凄く心を打たれた」(20代・男性)、「素晴らしいSFヒューマンドラマ」(30代・女性)、「人生観を変えてくれた。こんな切り口のSF、今までにあっただろうか」(20代・男性)、「音響が重要なので映画館で見るべき」(30代・女性)、「SFもサスペンスも感動ドラマも全てを引き受けながら、発信すべきメッセージをダイレクトに示した、新しいSF映画の誕生」(30代・男性)

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年11月15日 発売

DIME最新号の特別付録は「スタンド一体型簡易スマホジンバル」!今年から5年先のトレンドまで丸わかり!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。