人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.23

女性の活躍を妨げる〝行き詰まり〟男性社員の特徴

■連載/あるあるビジネス処方箋

女が活躍できないようにする、男性社員とは…

「女性の管理職や役員を増やそう」という機運が高まっている。しかし、実際のところ、それは容易なことではない。

 その大きな理由は、男性社員の存在であり、特に「行き詰まり」の男性たちだ。この人たちが、女性が活躍できないように足を引っ張ったりする。ところが、この問題はメディアでも国会などでも議論されない。

 今回は、「行き詰まり」の男性社員たちが、なぜ、女性社員の台頭を拒むのかを私の取材を通じての分析で考えたい。

■行き詰まった男とは

 この場合の「行き詰まり」とは、30代半ば以降で、同世代の中で昇進・昇格のスピードが平均以下の男性社員を意味する。例えば、35歳になったとき、同期の男性社員から抜群に優秀な人(通常、同世代の中で上位1割)が課長になったとする。このとき、ヒラ社員や主任をしているのが、「行き詰まった社員」と言える。課長補佐の中にも、行き詰まった人はいる。

 通常、同世代で人事評価が上位2割~6割は、20~40代で「ワン・オブ・ゼム」(たくさんいる社員のうちのひとり)になる。この範疇にいる男性が、女性社員の台頭を認めない傾向がある。自分の身が脅かされるからだ。競争で勝てない男性が、競争に勝つかもしれない女性への嫉妬や妬みともいえる。男の、女への妬みは怖い。

■処理能力が低い

「行き詰まった男性社員」は得てして、処理能力が低い。例えば、会議の内容を聞いていて、時間内にレベルの高い議事録をつくることができない。新商品や新サービスの内容を素早く、正確に理解し、自分の言葉で語ることもできない。上司への報告・連絡・相談の中身や取引先などへの説明能力も、レベルは低い。交通費や出張などの清算も遅い。

 処理能力は、女性社員が男性社員よりも相対的に平均値が高い傾向がある。特に大企業の総合職の女性社員で、一定の学歴・学力を超えている人にその傾向が顕著だ。大きな理由の1つは、義務教育の国語教育で言うところの「話す力・聞く力」「書く力」「読む力」が高いからだろう。一方で、男性社員で、「行き詰まった社員」は処理能力が全般的に低い。

 だからこそ、仕事の成果や実績がいつまでも安定しない。上司などからも信用されない。年下の社員や取引先からも、軽く見られる。ところが、そのことに本人は気がついていない。むしろ、自分の処理能力は「そこそこ(平均以上)高い」と信じ込んでいる。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。