みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >愛犬と信頼関係を築くのに効果的なの…

愛犬と信頼関係を築くのに効果的なのは「アイコンタクト」(2017.05.20)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ペットゥモロー通信

 

愛犬と見つめ合うと○○が分泌されます!

4-25

犬は、本来アイコンタクトが好きではありません。なぜなら、犬の社会で目を合わせるということは、ケンカを意味するからです。しかし、犬が人間社会で生活する上で、アイコンタクトは非常に深い意味を持ちます。

例えば、愛犬とアイコンタクトをすることにより、双方に愛情や信頼感が増す「オキシトシン」が分泌される場合があるといわれています。「オキシトシン」は、授乳時に母犬から出るホルモンで、幸福感を与えてくれます。

また積極的に愛犬とアイコンタクトをすることにより、犬の問題行動を減らし、しつけもしやすくなるといわれています。もし犬が問題行動を起こしそうになったり、興奮状態になってしまった場合は、愛犬の名前を呼びアイコンタクトをすると良いでしょう。その後、愛犬が飼い主の元へ走ってくれば、問題行動を未然に防ぐことにつながります。

日ごろからアイコンタクトをしっかりしておくことを意識してみましょう。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)

記事提供/ペットゥモロー http://petomorrow.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。