人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.22

保護者の3人に1人が「子どものスマホの中身を見ている」

個別指導の学習塾「明光義塾」では、全国の小学4年生から高校3年生の子どもを持つ保護者を対象に、子どものスマートフォン使用に関する実態調査を実施した。

 

まず「スマートフォンの使い方、時間などで普段お子さんと衝突したことはありますか?」という質問には、「衝突したことがある」と答えた保護者は45%。スマートフォン使用に関して親子の衝突が起きているるのは珍しくはないことがわかる。

 

「お子さんのスマートフォンの中身を見ますか?」との問いには、保護者の約3人に1人が子どものスマートフォンの中身をチェックしていることが判明。学年別グラフを見ると、小・中学生が「子どもが了承の上で見ている」が1位である一方、高校生は「必要ないので見ていない」が1位となった。

「スマートフォンの中身を見て、その内容についてお子さんと話したことを教えてください」に関しては、以下のような回答が寄せられた。

・友達が送ってきた内容で他の子の悪口を書いてきた場合は、「こういう発言は良くないよね。」とか「何か悪口を言われるきっかけがあったの?」とか聞いています。(中学1年生の保護者)
・知らないメンバーばかりのLINEグループについて、参加の必要の有無、LINEの投稿内容の是非について(中学2年生の保護者)
・LINEのホームに、念のため、個人が特定できるような内容は入れないように言いました。 あと、チェーンメールみたいなものをまわしていたので、もらっても、自分で止めるように言いました。(中学2年生の保護者)

保護者が特に気にしている部分は、メールやメッセンジャーアプリのやり取り。また、個人情報が特定される投稿をしないよう、注意している保護者も。子どもが日々の生活の中でトラブルに遭うことを心配していることがわかる。

 

実際、「LINEやSNSアプリなどで、お子さんが友人とトラブルになったことはありましたか?」という質問には、「トラブルになった」ケースは1割強で、約10人に1人がトラブルに遭遇していたことが判明。また、トラブルになったか「わからないが気にしている」保護者は2割強だった。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。