人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.22

経歴より業務の丁寧さや人柄が求められる今どきの税理士や公認会計士

財務・会計システムおよび経営情報サービスを開発・販売するミロク情報サービス(以下MJS)は、個人事業や小規模企業の事業主586名を対象に、顧問契約を結んでいる税理士・公認会計士に求める姿を明らかにすることを目的とした調査を実施。その結果を「会計事務所白書 2017年」として公開した。

「現在、依頼している税理士・公認会計士の方をどのようにして知りましたか」という質問に対して、「家族・知人からの紹介(61.1%)」と「他士業からの紹介(20.7%)」がトップ回答となり、全体の約80%以上のケースが「人からの紹介」によって税理士・公認会計士に業務を依頼していることが判明した。事業のお金や機密情報を取り扱う業務内容だからこそ、信頼のおける「人からの紹介」という点が、安心して仕事を依頼できる判断材料になっているのかもしれない。

会計事務所白書 2017年

税理士・公認会計士に業務を依頼する判断材料には「基本業務(節税支援・決算対策)の丁寧さ(42.2%)」や「人柄や人物(39.4%)」が決め手となっているようだ。平成14年の報酬規定の廃止以降、価格競争が激化している税務・会計業界だが、選ばれるポイントとしては、価格やキャリアではなく、ベースとなる「基本業務」と、その人自身の「人となり」が重要視されていることがわかる。

会計事務所白書 2017年

税理士・公認会計士とのやりとりで不満・不快に思ったことがある事業主は、28.8%にとどまり、税理士・公認会計士のサービスに対して不満・不快に思ったことがない事業主が多いことが判明。一方で、不満を感じている事業主の多くが契約解除を行った(26.8%)との結果になっており、サービスの不満が契約解除のリスクにつながりやすい傾向がうかがえる。

「税理士・公認会計士の方とのやりとりで、不満や不快に思ったことはありますか」
会計事務所白書 2017年

「税理士・公認会計士の方との契約を解約したことはありますか」
会計事務所白書 2017年

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。