人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.22

生物学研究所産の大麦を使ったクラフト系ビール『KORNMUTTER 麦畑の精霊』

■連載/石黒謙吾のLOVEビール
~語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話~

 ビールが好き、もっと知りたい&楽しみたい。でも、マニア向けのものは結構、とは言っても当たり前の話は知ってる。そんな、粋でイケてるビールファンに贈る、なんでもありの読み物です。語ってもウザくならない、スマートでコクのあるビールの話をお楽しみください。


今回は、「生物学研究所産の大麦使用ビール」というキャッチーなふれ込みのビールを飲んだので、ならばと、ビールの主原料、麦絡みの話を。

生物学研究所産の大麦使用!ビールも麦そのものにこだわっていく時代か?

木原生物学研究所産の大麦使用ビール「KORNMUTTER(コルンムッター)麦畑の精霊」

このくだりがクラフト感があってそそる!

<このビールは横浜市立大学から持ち込まれた大麦を使ってオリジナルビールを造ってほしい、という依頼によって誕生したものです>

麦と食生活との関わりは深い。和なら、うどん。洋なら、パン、パスタ、ピザとか、食する機会は、人によっては、米より圧倒的に多いかも。

お酒になればなおのことで、ビール以外にも、ウィスキー類、麦焼酎、などあり、酒飲みとの縁も相当に深い。

さて、ビールにおいては、ホップの種類にこだわったコピーを打ち出す銘柄はあるが、麦になるとそうそうは見かけない。

ホップなら、この連載で取りあげたものではこういうのもあった。

ついにホップの銘柄が商品名になった!サッポロ『伝説のSORACHI ACE』(2016.08.30)

一方、麦のほうでは、普通にビール好き程度の人なら、クリスタル麦芽とかロースト麦芽とかぐらいは目や耳にしたことはあっても、それより先はなかなかわからないだろう。

ビールの味を決めていく要件は、ホップ、麦、酵母、スパイス、フルーツなどの原料や、醸造、ホッピング、熟成など幅広く、総合力で決定づけられるので、どれが決めてとかカンタンに言えるものではない。それでも、麦とホップという、まさに商品名にまでなった(笑)2つは、最大のポイントだろう。

でもファンの間では(造り手は別にして)、ホップについてはどんどん深く語られていっているのに、麦については、品種まで語られることは極めてまれ。

連載ではこういうものがあったがかなりレアケースだ。

アウトドアブランドのパタゴニアはなぜ、オーガニックなビールを作ったのか?(2016.12.23)

<根っこが3メートルにもなる「カーンザ」という小麦は、1年限定ではなく複数年にわたり、実の収穫が可能とか。詳細は省くが、このことが、農薬不要のオーガニック作物、そしてオーガニックなビールにつながっていくわけだ。>

ちなみにビール作りに関わる麦芽の分類については、ここにかなり詳しいエントリが。

ベルギービール博物館[麦芽の種類]

ただし、これは<麦の銘柄>とは違う。

ここで見て頂きたいのが、さぬきうどんの麦についてのエントリ。

これがさぬきうどんの小麦粉<さぬきうどんと小麦粉のエキスパート 吉原食糧株式会社>

「カナダ産ウエスタン・レッド・スプリング」「オーストラリア産プライム・ハード」などなど、マニアック。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。