みんなのお買い物ナビ @DIME

  1. TOP
  2. >コラム
  3. >ダックスフンドが罹りやすい痛みの強…

ダックスフンドが罹りやすい痛みの強い病気とは?(2017.05.19)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■連載/ペットゥモロー通信

 

犬の表情や行動を読み取ろう!

d800bbd5d0a4a66f8cb8ec61d31049d8_s

犬が痛みを伴う病気になると、何かしら痛がるサインをしますが、その中でも特に痛みが強い病気があります。

ダックスフンドやペキニーズがなりやすい椎間板ヘルニアは、神経が圧迫されることにより腰や首に痛みが生じる病気です。首の痛みから頭を持ち上げることを嫌がったり、腰の痛みから歩き方がぎこちなくなったります。

オス犬(特に成犬~シニア犬)がなりやすい尿路結石は、オシッコをする度に痛みを伴うため、鳴きながらオシッコをしたりオシッコが出にくくなったりします。また、血尿が出る場合もあるため、血尿が出たら尿路結石(又は膀胱炎)を疑った方が良いでしょう。

犬の病気で最も多いとされる外耳炎は、化膿するまで放っておくと耳に痛みを感じるようになります。耳をかいたり床にこすりつけたりするなどの症状が見られたら、外耳炎の可能性があるので、日頃から耳掃除を行い未然に病気を防ぐように心がけましょう。

当然ですが犬は自分で痛みを伝えることができないため、普段からよく愛犬の様子をしっかりと観察することが大切です。

文/大原絵理香(ペットゥモロー編集部)

http://petomorrow.jp/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
@DIMEのSNSはこちらからフォローできます
  • Facebook
  • Twitter
  • ジャンルTOPへ
  • 総合TOPへ

TOPへ

小学館雑誌定期購読小学館のプライバシーステートメント広告掲載について

© Shogakukan Inc. 2018 All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.
掲載の記事・写真・イラスト等のすべてのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。