人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.21

鉄道ファン注目の店が目白押し!東京駅の「グランスタ」「グランスタ丸の内」に新たに21店舗が登場

■連載/阿部純子のトレンド探検隊

◆8月のグランドオープンに向けて進行中の東京駅丸の内地下エリア

 東京駅の都市空間整備の拠点となるJR東京駅丸の内地下エリアは、昨年7月に23店舗が開業。今年4月27日に第2期となる21店舗がオープンした。6月下旬には第3期、8月下旬の第4期の開業をもって全55店舗の「グランスタ丸の内」「グランスタ」新エリアがグランドオープンとなる。

 JR東京駅内の施設は「グランスタ」、改札外は新施設「グランスタ丸の内」として開発が進行中で、第2期では「グランスタ」が5店舗、「グランスタ丸の内」が16店舗となる。第2期オープンの中から注目の店舗を紹介しよう(価格はすべて税込)。

◆グランスタ丸の内(改札外店舗)

○トラベラーズファクトリー ステーション

「旅するように毎日を過ごすための道具」をテーマにしたステーショナリー、オリジナルプロダクト、書籍、雑貨を扱う。中目黒、成田空港に次ぐ3店舗目で、エキナカ初出店となるグランスタ丸の内では、貨物用のコンテナを使ったカウンターや、スタンプコーナーを設けるなど旅の雰囲気を醸し出したユニークな店舗となっている。

 

 日本の鉄道の出発駅である東京駅を意識した商品を揃え、架空の列車“トラベラーズトレイン”をモチーフにした東京駅限定のラインアップ「ステーションエディション」は注目のアイテム。「トラベラーズノート ステーションエディション」(4536円)は、革カバーに金箔でオリジナルロゴを表現。購入したらリフィルの表紙にぜひとも東京駅限定のスタンプを押してみて。

 旅の供となるバッグ類や、車掌のがま口型デザインが懐かしい「トレインマン」(3万240円)、特急列車のヘッドマークをモチーフにした「ロールシール」(518円)や、「マスキングテープ」(712円)、など鉄道に関わるアイテムが揃う。「オリジナルコーヒーキャンディ」(540円)はパッケージもおしゃれで、手軽なおみやげにおすすめ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年3月15日(金) 発売

DIME最新号の特別付録は「超望遠8倍スマホズームレンズ」! 特集は「春の新製品ベストバイ」「超進化形スーツ」 etc.

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。