人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.21

抹茶ビール、抹茶ワインが飲み放題!お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」が期間限定オープン

ホテル、レストラン運営を手がける龍名館(東京都千代田区)は、日本茶レストラン「グリーンティーレストラン1899 お茶の水」にて、新作の「和紅茶ビール」や定番の「抹茶ビール」など10種のビールと「抹茶ワイン」の飲み放題、さらに13品の「お茶料理」を提供する、お茶づくしの「抹茶ビアガーデン」を6月1日から9月30日の夏季限定で開業する。「抹茶ビアガーデン」は今年3回目となり、昨年は抹茶ビール約7200杯が出た大好評のイベントでもある。

抹茶ビアガーデン

今年の新作ビールは、国産の紅茶「和紅茶」をビールに独自ブレンドした「和紅茶ビール」と「和紅茶黒ビール」。「和紅茶ビール」は、和紅茶ならではの自然な甘みと華やかな香りが、ビールの苦みと調和する、新感覚の味わいが楽しめる。「和紅茶黒ビール」は、和紅茶のすっきりとした味が、黒ビール独特のコクを際立たせた大人の一杯。和紅茶のやさしい香りのする〝フレーバー黒ビール〟だ。

同じく独自ブレンドした定番の「抹茶ビール」は、麦と抹茶の苦さのハーモニーが絶妙。深い緑色の強烈な見た目と、ヘルシーさ、意外な美味しさで人気のビールだ。そのほか、ビターな大人味の「抹茶黒ビール」と、ノンアルコールビールを使った「ノンアル抹茶ビール」の3種の「抹茶系ビール」が提供される。さらに今年は「ほうじ茶黒ビール」も登場。黒ビール独特のコクと香ばしさが、ほうじ茶の苦みと相性ぴったりで、深みのある黒褐色が特徴だ。

甘口の白ワインに抹茶をブレンドしたオリジナルカクテル「抹茶ワイン」も飲み放題に含まれる。ワインのフルーティーな甘さと抹茶のほろ苦さのバランスが絶妙な一杯だ。色とりどりの計10種のビールは、専属のお茶の専門家「茶バリエ」がていねいに作ったもの。飲み放題の料金は、税込3500円(2時間制)で、HPから予約すると同3000円とお得。

飲み放題以外でも、お茶を使ったお酒メニューをラインナップ。和歌山の酒造大手・中野BCが販売する、梅酒の品評会で日本一に輝いた「緑茶梅酒」(同550円)や、各焼酎の江戸番茶割り(同650円~)などを楽しめる。

抹茶ビアガーデン

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年1月16日(水) 発売

DIME最新号の特集は「あなたの願いをかなえる神ガジェット100!」「ニトリVS無印良品のコスパNo.1商品対決」

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ