人気のタグ
おすすめのサイト
企業ニュース
2017.05.21

BMWが最高出力331kwを誇るコンペティションモデルを加えた新型『M3』『M4』を発売

ビー・エム・ダブリューは、『M3』ならびに『M4』を一新。全国のBMW正規ディーラーで販売を開始した。また新型モデルの発表にあわせ、『M3コンペティション』ならびに『M4コンペティション』をラインアップに追加する。

『M3』はサーキットでの最高の運動性能と日常走行における高い実用性を併せ持ち、1986年の初代モデルの登場以来、長年にわたり高性能スポーツ・カーセグメントのベンチマークの地位を確立してきたモデルだ。現在、第5世代目の『M3』が販売されているが、その前世代『M3』クーペの後継モデルとして『M4』が販売されている。

今回のモデル・チェンジでは、フロント・デザインにおいてはデイタイム・ランニング・ライト機能付きの新世代ヘキサゴナル・デザインのアダプティブLEDヘッドライト、リア・デザインにおいてはLEDテールライト(※)、ブラック・カラーの19インチ・アロイ・ホイールを採用することで、より精悍で存在感のあるデザインとした。さらに室内においては、上質な音色を奏でるharman/kardonサラウンド・サウンド・システムに加え、カーボン・ファイバー・トリムを標準装備し、『M3』『M4』それぞれに走る歓びをさらに高めている。
※『M4』のみ(M3は、すでに採用済み)

そしてBMWの高性能モデル『M3』『M4』の圧倒的なパフォーマンスをさらに向上させると同時に、サーキット走行における卓越したダイナミズムを提供するモデルが、『M3コンペティション』ならびに『M4コンペティション』だ。自然吸気エンジンのような官能的な吹け上がりと、ターボ・テクノロジーによる圧倒的なパワーを併せ持つ3リッター直列6気筒Mツインパワー・ターボ・エンジンの最高出力を、標準モデルより14kw(19ps)アップの331kw(450ps)まで高めることにより、0-100km/h加速(ヨーロッパ仕様車値)4.0秒の圧倒的な動力性能を実現。

このエンジン・パフォーマンスの向上に対応し、ダンパーおよびスタビライザーの特性を専用に変更したアダプティブMサスペンションを設定し、また、電子制御式多板クラッチによりパワーを左右リヤ・ホイール間で自在に配分するアクティブMディファレンシャルやDSCにも専用のチューニングを施すことで、トラクション性能をさらに向上させている。さらに、専用Mスポーツ・エキゾースト・システムが、聴覚に訴えかけるパワフルかつ官能的なエンジン・サウンドを奏でることが可能だ。

@DIMEのSNSアカウントをフォローしよう!

DIME最新号

最新号
2019年7月16日(火) 発売

DIME最新号の特別付録は超強力なUSBモバイル扇風機!大特集は「夏の新製品辛口評価テスト」!

人気のタグ

おすすめのサイト

ページトップへ

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標(登録番号 10401024号)です。詳しくは[ABJマーク]または[電子出版制作・流通協議会]で検索してください。